TOP10!個人的iPhone BEST OF 2016アプリ!有料ゲーム編

BEST OF BEST

 

どうも、年末は必ず風邪をひくおにくちゃんです。

 

今年もこの季節がやってきました。

そう、インフルエンザの季節……じゃなくて「Appliba Of The Year」の季節ですよ!!(「しらねーよ!」「きょうみねーし!」「かえれー!」※世間の声抜粋)

2016年にリリースされたiPhoneゲームアプリのベストを決めようじゃないかというこの企画、今回でなんと2回目!1回で消滅すると思いきや、もう一回やっちゃいますよ~。

 

そして今回も独断と偏見と心強さだけで選出しておりますのでゲームジャンルに偏りがあるとは思いますが温かい目で見守りください。今年もランキングTOP 10形式(順不同)でお送りします!

 

果たして今回はどんなゲームアプリが選出されるのでしょうか…!!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

スポンサードリンク

 

ポケット戦国

 

リアルタイム戦国シミュレーションゲームです。

ポケット戦国

 

戦国大名の一人となって天下統一を目指します。

内政・外交を繰り返し自国の発展を目指したり、他国との戦乱を勝ち抜き領土を広げて軍を拡大していくなど、本格的な戦国ゲームが楽しめます。シミュレーションゲームですが「リアルタイム」とあるように、ターン制なるものではなく国を発展させるのも攻撃を仕掛けられるのもすべてリアルタイムで行われます。つまり自国が兵や武将を増やしている最中などにも敵国から攻撃を受けるわけです。隣国とは同盟を組んだり支援し合ったりもできるので、うまく敵と味方を判別して巨大勢力を築いていきます。

実際の合戦シーンでは軍と軍の激しい攻防がプレイヤーの操作で楽しむことができます。自動合戦モードもついているので合戦シーンが面倒だという人にも嬉しい機能です。

 

言ってしまえば『信長の野望』的なシミュレーションゲームですが、リアルに展開する攻防や内政・外交はストラテジーゲームのような面白さも備えています。武将データや史実に基づいたイベントなども豊富で歴史好きもそうでない人も楽しめるゲームになっています。

これが個人制作のゲームなんですから凄いものです。本当に歴史やゲームが好きなんだなぁと思わせてくれます。面白いゲームを作るのに必要なのはスタッフの人数や資金力だけじゃないということを教えてくれました。ありがとう『ポケット戦国』!

 

ポケットはポケットでも四次元ポケットのように歴史の面白さが縦横無尽に広がっている戦国シミュレーションゲームです。

こんな人にオススメ

  • 歴史・戦国時代が好きな人
  • 『信長の野望』が好きな人
  • 天下統一したい人

こんな人には向かない

  • 特になし

ポケット戦国 -戦略と戦術で歴史を作れ!-【本格派 戦国シミュレーション】

ポケット戦国 -戦略と戦術で歴史を作れ!-【本格派 戦国シミュレーション】
開発元:Shinya Ishizaki
¥960
posted with アプリーチ

 

SKYHILL

 

豪華ホテルから生き延びるローグライクRPGです。

SKYHILL

 

100階建ての豪華ホテルから生き残りを図ります。

第三次大戦で使われた生物兵器の影響で人間たちが恐ろしい突然変異体となってしまいます。宿泊していたホテルでもその影響が及ぼされ、プレイヤーはそのホテルから脱出を図らないといけません。

このゲームは豪華ホテルを舞台にしたローグライクRPGです。100階建てのホテルから1階1階降りて行き、モンスターと戦いながらホテルからの脱出を目指します。このゲームの特徴はモンスターと戦うRPG要素に加え、武器や食料をクラフトして生き抜くサバイバル要素も入っています。ホテルの各部屋には食材や武器、薬などが落ちています。それを拾って料理を作ったり、強力な武器をクラフトして戦闘に役立てることができます。ホテルの最上階が基地になっていて、そこの施設を強化していくことでより強い武器やより豊富な料理メニューを作り出せるようになります。つまり、「ローグライク」と「サバイバルゲーム」を掛け合わせたようなゲームになっているんです。

 

ローグライクやサバイバルというワードを聞くと複雑そうなイメージを抱きそうなものですが、このゲームはとてもシンプルでわかりやすい作りになっているので誰でも楽しむことができます。例えば、移動は部屋をタップすれば行き来できますし、モンスターとの戦闘もターン制で敵の頭部やボディかを選択すればいいだけです。クラフトも複雑なことは一切ありません。

ゲーム性がシンプルなのに空腹や体力に悩まされる緊張感は他のローグライクゲームと比べても圧倒しています。一度倒されてしまうとまた最初からになってしまいますが、何度でも挑戦したくなる中毒性も持ちあわせています。とにかく面白いです、このゲーム。

 

ただ、日本語訳が不自然なことと、ゲーム内で急にくるメールのバイブはビックリします笑。マルチエンディングやランダム生成の部屋のおかげで何度も遊べますよ!

こんな人にオススメ

  • ローグライク好きな人
  • サバイバルゲーム好きな人
  • 緊張感を味わいたい人

こんな人には向かない

  • 多少のグロさも耐えられない人

SKYHILL

SKYHILL
¥240
posted with アプリーチ

 

The Greedy Cave

 

ダンジョン探索系のアクションRPGです。

The Greedy Cave

 

アイテムやスキルを使いながらダンジョン踏破を目指します。

 

このゲームの主な特徴は、

  • 移動による自動回復は無し
  • 空腹システムは無し
  • 敵とのバトルは1対1で、こちらから攻撃を仕掛けない限りバトルは始まらない
  • 階層式のダンジョンで、11階、21階…とチェックポイントを通過すると途中の階から始められる
  • ダンジョン内で拾える、街に戻ることができるアイテムを使えば戻れる
  • 街に戻るとステータスそのままで再びダンジョンに挑戦できる(死ぬと最後に街に戻った時のステータスに戻る)
  • 拾った装備品はレア以上(黄色の枠)だと街に持ち帰れる(それ以下は無くなる)
  • ダンジョン内に装備品をレアにできる女神像が出現する  …などなど

 

ゲームシステムは割とシンプルなアクションRPGですが、なんとなく戦ってレベル上げするというよりは、空腹システムも敵が自ら攻撃を仕掛けてくることもないので思考型のアクションRPGといっていいでしょう。いかに効率的に敵を倒したり、体力面を考えて戦闘を回避したりと、先を読みながら遊ぶタイプのアクションRPGです。

ローグライク、ハクスラ、ダンジョンRPGがお好きな方にはまずハマるといっても過言ではないでしょう。『ディアブロ』にも似たものを感じます。

 

若干、課金要素(というよりゲーム内通貨では払えないクリスタル的なやつ)があるので、すぐに強くしたい(クリアしたい)人は課金が絶対条件になってきますが、それでなくても地道にダンジョンを攻略していける良作ローグライクであることは間違いありません。レアアイテムを手に入れた時の嬉しさは『ディアブロ』に通ずるものがあります。

自動セーブもしてくれるため、途中で止めても中断データから再開できるのが地味に嬉しいです。ちょっとずつ進めながらも遊べるので暇つぶしにも最適です!

こんな人にオススメ

  • ディアブロ好きな人
  • アイテム探しが好きな人
  • ダンジョンに潜ったり街に戻ったり…を繰り返せる人

こんな人には向かない

  • 繰り返すことが苦手な人

The Greedy Cave

The Greedy Cave
開発元:AvalonGames
¥120
posted with アプリーチ

 

クリプト・オブ・ネクロダンサー

 

ローグライク+リズムゲーのダンジョン探索ゲームです。

クリプト・オブ・ネクロダンサー

 

ローグライクの要素とリズムゲーの要素を組み合わせた新感覚のダンジョン探索ゲームで、ビートに合わせてゲームを進行させます。画面の下部にはビートを表現した印が常に流れてくるので、それが心臓のイラストがある部分に重なった時に画面をタップをすれば移動や攻撃ができます。

そして敵の移動や攻撃もこのビートに合わせて行動してくるのであまり長考している暇はありません。キャラを放置させていると敵に攻撃されて死んでしまう危険性があるというわけです。ただし、敵によって行動パターンは予測できるので何度も遊んでいるうちに覚えていくでしょう。あまり考えている暇がない分、瞬発性や見極める力が必要になってきます。

 

全体的なジャンルはローグライクですが、リズムゲーの要素を取り入れているだけでまったく違うゲーム性にも見えてきます。純粋にローグライクを楽しみたい人にとってはリズムゲーの要素は煩わしいだけかもしれませんが、「リズムローグ」として捉えればほんとよくできたゲームです。操作に慣れたからがこのゲームの真骨頂ですよ!

こんな人にオススメ

  • ローグライク好きな人
  • リズムゲーム好きな人
  • 新感覚のゲームを楽しみたい人

こんな人には向かない

  • 自分のペースで冒険したい人

クリプト・オブ・ネクロダンサー

クリプト・オブ・ネクロダンサー
¥600
posted with アプリーチ

 

Space Marshals 2

 

西部劇風見下し型アクションシューティングゲームです。

Space Marshals 2

 

『Space Marshals』の続編としてリリースされたゲームです。

宇宙に蔓延る悪の勢力を壊滅させるために宇宙保安官が銃や爆弾などの武器を使って戦います。このゲームは周りの障害物や遮蔽物に身を隠しながら戦闘を行う”ステルスゲーム”の部類に入ります。スニークモード(しゃがみながら行動)に切り替えが可能なので敵に気づかれずに近づいたり、物陰に隠れながら射撃ができたりします。

前作でもこのモードはありましたが隠れて近づいたとしてもほぼ見つかって銃撃戦になることがほとんどだったのであまり意味をなしていませんでしたが、今回は敵に近づいて首絞めをすることができるようになったのでよりステルスゲームに近い形になったと言えます。

 

そして今回も豊富な武器と様々なお助けアイテムが登場するので武器選びだけでも楽しくなってしまいます。通常モードで銃撃戦を繰り広げるのもよし、スニークモードで静かに敵を倒していくのもよし、いろんな遊び方ができるゲームへと変貌しています。

ステルスゲーム好きな人や銃撃戦が好きな人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • ステルスゲーム好きな人
  • 銃撃戦を楽しみたい人
  • 豊富な武器を使い分けたい人

こんな人には向かない

  • 特になし

Space Marshals 2

Space Marshals 2
開発元:Pixelbite
¥120
posted with アプリーチ

 

Bully

 

Rockstarのアクションゲームです。

Bully

 

『GTA』シリーズでもお馴染みのRockstar制作のアクションゲームです。

全寮制の学園を舞台にヤンチャな子どもたちがハチャメチャに繰り広げる学園ドラマです。基本的なゲームシステムは『GTA』と似ていて、ミッションやサブシナリオで遊びながらストーリーを進めていきます。『GTA』を違うところは舞台が学園、メインキャラクターが少年だということです。つまり銃で撃ちあったり人を殺したりすることはありません。ただし先生や女子生徒などに暴力をふるうことはできます。

オープンワールド系のゲームなので遊び方はプレイヤー次第です。喧嘩に明け暮れて敵対グループと戦うのもよし、真面目に授業に出て勉強するのもよし、女子生徒とイチャイチャするのもよし笑。『GTA』ほど刺激がなくいろんな遊び方を楽しむことができます。

 

ゲーム自体も『GTA』ほど難しくなく、人を殺すこともないのでバイオレンスなゲームが苦手な方でも安心して楽しむことができます。現実の学校では”即退学”になりそうな行動もこのゲーム内だけではハチャメチャに楽しめちゃいますよ!

『GTA』好きな人や『GTA』は刺激的すぎると思う人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • 『GTA』好きな人
  • ゲーム内で自由に行動したい人
  • 学生気分を味わいたい人

こんな人には向かない

  • 暴力的なシーンが一切苦手な人

Bully: Anniversary Edition

Bully: Anniversary Edition
開発元:Rockstar Games
¥840
posted with アプリーチ

 

LEGO® Jurassic World™

 

ジュラシック・パークシリーズのレゴアクションゲームです。

LEGO® Jurassic World™

 

ついに『ジュラシック・パーク』までもがレゴゲーム化されました。

しかもこのゲームにはジュラシック・パーク』、『ロスト・ワールド』、『ジュラシック・パークIII』、『ジュラシック・ワールドと4作品の内容が詰め込まれています。

ジュラシック・パークシリーズのストーリーを追いながらレゴでできた仕掛けを作ったり壊したりして進めていきます。そこまで難しいものはありませんがちょっとした謎解き要素もあるので頭を使いながら楽しむことができます。

 

レゴ『ハリー・ポッター』シリーズや『ロード・オブ・ザ・リング』と同じように原作に忠実に描かれているアクションゲームで、映画を観たことない人、観たことのある人はより楽しめる内容になっています。それらとはまた違う迫力を感じられるゲームで、ティラノサウルスに襲われるシーンなんてもう興奮もの(というか怖い笑)です。レゴシリーズ全般に言えることですが、すべてのコインを拾ったりオブジェクトを壊していくと作業的になってしまうことがありますが、途中途中に挟まれるムービーの完成度が高いので映画を観ている気分にすらなってしまいます。

 

子どもでも大人でも楽しめるゲームで、親子で一緒にプレイすればもっと楽しく遊ぶことができますよ!レゴシリーズ好きや映画好きな人にもオススメです!

こんな人にオススメ

  • レゴゲーム好きな人
  • ジュラシック・パーク好きな人
  • 親子で楽しみたい人

こんな人には向かない

  • 作業的なアクションが苦手な人

LEGO® Jurassic World™

LEGO® Jurassic World™
開発元:Warner Bros.
¥120
posted with アプリーチ

 

Mini Metro

 

鉄道を繋げて遊ぶシミュレーションパズルゲームです。

Mini Metro

 

自ら地下鉄網を広げて路線を拡張していきます。

駅と駅を繋いで鉄道を走らせ、お客さんを滞りなく運ぶことが目的のシミュレーションパズルゲームです。このゲームは自らの指を使って路線を作っていくことができます。作るといっても駅と駅を指で繋げるだけ!駅を繋げて路線を作ると鉄道が走り出します。

路線の構成もユーザーの好きなように作っていくことができます。例えば孤立した路線を作るのも円を描くように環状線を作るのもユーザー次第!もし路線が気に入らなかったり効率の悪いものになってしまっても再構築が自由なので手軽に練り直せます。

駅の近くにはお客さんが行きたい駅のマークが黒色で表示されます。このお客さんマークが溜まり過ぎてしまうとゲームオーバーになってしまいます。いかに交通の便を滞りなく作っていくかがこのゲームの鍵となります。

 

とてもシンプルで遊びやすいゲームですが、リアルタイムで展開されていくゲームなので頭と行動力が試されます。駅は徐々に増えていき、どこの路線が詰まっているか、どこの路線を繋げたらうまく流れるかなどを考えてプレイするのが楽しいゲームです。スコア更新型なので何回遊んでも楽しめて暇つぶしにも最適です!

鉄道好きな人やパズル好きな人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • 鉄道好きな人
  • パズル好きな人
  • 自分の手で路線を作り上げたい人

こんな人には向かない

  • 無意識に遊びたい人

Mini Metro

Mini Metro
¥120
posted with アプリーチ

 

Rusty Lake: Roots

 

異質な謎解きアドベンチャーゲームです。

Rusty Lake: Roots

 

アイテムを拾ったりパズルを解いたりしていく、いわゆる”脱出”系の謎解きゲームです。

『Rusty Lake』シリーズの最新作であり、原点ともいえる内容のストーリーを楽しむことができます。遊び方は脱出ゲームや謎解きアドベンチャーと同じで、アイテムを拾って組み合わせたり使ったりして一つ一つ仕掛けを解いていきます。ただそれらのゲームと違うところは世界観や内容がブラックで異質なことです。

人の手が切り落とされていたり首を吊って死んでいたりしますがこのゲームシリーズではごくごくあたりまえです笑。ストーリーはあるものの設定や世界観がめちゃくちゃすぎるので真面目に理解しようとすると思考停止します。頭の中で妄想しながら自分なりにストーリーを考えるのも楽しいかもしれません。

 

謎解き内容は易しすぎず難しすぎずのレベル設定になっています。内容もボリューミーで長い時間楽しめるのがこのゲームの魅力となっています。かなり人を選ぶゲームといっていいですが、好きな人は絶対好きな作品です。私もこんな世界観大好きです笑。無料の脱出ゲームに飽きてきた人は一度試してみてはいかがでしょう。頭も心もぶっ飛べますよ笑。

ブラックユーモア満載の謎解きアドベンチャーゲームで遊びたい人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • 脱出ゲーム好きな人
  • 謎解きが好きな人
  • ブラックな世界観が好きな人

こんな人には向かない

  • 真面目な人
  • 血やグロなどが苦手な人

Rusty Lake: Roots

Rusty Lake: Roots
¥240
posted with アプリーチ

 

Venture Kid

 

ロックマン風の横スクロールアクションゲームです。

Venture Kid

 

レトロな雰囲気が魅力のアクションゲームです。

見た目通り『ロックマン』風のアクションゲームでゲームパッドを使って遊びます。プレイヤーは主人公の「ロックバスター」……のようなショット攻撃を使って敵を倒していきます。操作方法や遊び方は説明しなくてもいいくらい昔のゲーム風に作られています。

ステージの最後にはボスが待ち構えていたり、ステージをクリアすると新たな武器を手に入れられたりと、80年代・90年代のゲームで遊んできた人達にとっては懐かしさ満載です。

 

不思議なことに音楽を聴いた瞬間に「あぁ懐かしい」と思える雰囲気を持っていて、グラフィックやゲームシステムもロックマン風。主人公はまさにヘルメットを被っていないロックマンです笑。しかし、敵の種類や動きは昔のゲーム機では出せなかった柔軟さを持ち合わせているので新しささえ感じることができます。

缶ジュース1本分でこれだけの完成度を誇ったゲームが遊べるんですからいい時代になったものです。ロックマン同様、難易度が高いのもゲーマーとしての腕の見せ所です。

難易度の高いゲームをめげずに何度も挑戦できる人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • ロックマン好きな人
  • レトロゲーム好きな人
  • 負けない心を持っている人

こんな人には向かない

  • すぐに諦めてしまう人
  • ライトゲーマー
Venture Kid

Venture Kid
¥120
posted with アプリーチ

 

まとめ

 

これが2016年の有料ゲームアプリTOP 10の面々です。

どれもそれぞれの面白さがあるので順位はつけられませんがとても面白いゲームであることは間違いありません。こうしてみるとやっぱりジャンルが偏り気味だなぁというのがわかります。私と好きなジャンルが似ていると思ったら是非プレイして楽しんでみてくださいね!

第3回、第4回とこの企画が続きますように…笑。

 

スポンサードリンク

PAGE TOP