大人の挨拶!無料のおすすめ名刺管理アプリ3選

カメラでデータ化

 

どうも、馬刺し交換したいおにくちゃんです。

 

ビジネスマンの挨拶、名刺交換。

交換する数が多くなればなるほど探すのに時間がかかったり、名刺入れがかさばったりと名刺の管理が大変になっていきます。そんな悩みを名刺管理アプリで解消してしまいましょう。素早く簡単にまとめることができますよ!

 

そこで今回はおすすめの無料名刺管理アプリをご紹介いたします。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

スポンサーリンク

 

Eight

 

SNSとしても使える名刺管理アプリです。

Eight

 

手入力で登録してくれます。

このアプリはSNS機能付きの名刺管理アプリです。名刺をカメラで撮るだけで名刺をデータ化してくれます。その作業は機械的な読み取り技術とオペレーターが人的に手入力してくれるので正確に登録することができます。スマホだけでなくPCからもアクセスできるのが特徴的です。さらに、「メッセージ」機能を使えば繋がっている知り合いや企業とやり取りをすることもできますよ!

 

SNS機能付きの名刺管理アプリです。名刺の登録を自分でするのではなくオペレーターがやってくれるのでより正確な情報で名刺を登録してくれます。登録している自分のプロフィールはWebページとして公開されるのでオンライン上での名刺交換も可能に!ただ、SNS機能が必要ない人や公開範囲を変えたい人ははじめに設定しておくと良いでしょう。

オンラインでも使える名刺管理アプリを使いたい人にオススメです!

Eight - 100万人が使う名刺アプリ

Eight – 100万人が使う名刺アプリ
開発元:Sansan, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

Sansan

 

法人用の名刺管理アプリです。

Sansan

 

『Eight』と同じように使えます。

このアプリは法人用の名刺管理アプリです。『Eight』と同じ開発会社によるサービスで、『Eight』は個人でも使えるのに対してこちらは法人用となります。名刺の登録などの使い方は『Eight』とそう変わりありませんが、このアプリでは会社という組織の中で名刺を共有できるので、同僚や上司などと簡単に情報をシェアできます。無料で名刺を登録できるのは100件までです。

 

会社で名刺を一括管理できる名刺管理アプリです。大きな企業の場合は誰がどの会社や人と関係性を持っているかを把握するのは大変なことですが、このアプリを使えば社員の名刺を一括で管理できるのでそういった情報もすぐに調べることができます。ただ単に名刺管理するだけでなく、ビジネスへと繋がる可能性を秘めたアプリとも言えるでしょう!

会社で名刺を一括管理したい人にオススメです!

Sansan – 法人向け名刺管理サービス

Sansan – 法人向け名刺管理サービス
開発元:Sansan, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

CamCard

 

16言語に対応している名刺管理アプリです。

CamCard

 

いろんな言語の名刺で使えます。

このアプリは16言語に対応している名刺管理アプリです。アカウントを作成して名刺を登録することで管理ができます。名刺の登録はカメラで撮影したり写真を取り込んでスキャンするだけ!自動的に名刺に書かれている情報を読み取ってデータとして登録してくれます。さらに、アプリ上で名刺交換ができます。名刺交換をする相手が『CamCard』を持っていればアプリの中で名刺交換ができてしまいます!

 

使いやすい名刺管理アプリです。名刺の登録の際にはカメラで撮影するだけでデータを登録できるので非常にラクチンです。ただ、データを誤認識することもあるのでそういった場合は習性が必要になります。アプリ内で名刺交換もできるので名刺の消費も少なく済みそうです。16言語にも対応しているので国際的なお仕事をしている人にも向いています!

16言語対応の名刺管理アプリを使いたい人にオススメです!

CamCard名刺管理

CamCard名刺管理
無料
posted with アプリーチ

 

まとめ

 

データ化した名刺を管理できるアプリでした。

ほんとに簡単で素早くデータ化してくれるのでビジネスマンの方には非常にオススメです。スマホやPCでも管理できるのでいつでもどこでもアクセスできるのが嬉しいですね。データ化することによって検索がものすごく楽になりますし、紛失を防ぐこともできます。名刺を管理するだけできっと能率的に仕事が進むことでしょう。

ビジネスチャンスへと繋がる名刺管理アプリの数々でした。

 

スポンサーリンク

PAGE TOP