『ダンシングライン』-踊れなくても大丈夫!壮大な音楽のリズムゲーム

今夜はダンシング

 

どうも、身体が硬くて必然的にロボットダンスになるおにくちゃんです。

 

もしかしたらダンシングとは胸が躍るという意味なのかもしれません。

リズムゲームというと音楽に合わせてタップやスワイプなどの操作を行い、まるでその楽曲をリードして演奏しているかのような気分にさせてくれます。楽器を弾けない人でも手軽に音楽と触れ合えるのが魅力のゲームですね。

 

リズムゲームではこの流れる音楽が結構大事で、リズムゲームとしての楽しさよりも音楽がフィーチャーすることはザラではありません。使われている楽曲がリズムゲームの左右を握るといっても過言ではないのかもしれません。

 

そして今回ご紹介する『ダンシングライン』も楽曲に魅力が詰め込まれています。

よくある詩付きの楽曲とはまた違った”壮大さ”や”優雅さ”を持ちあわせたメロディを感じることができるでしょう。操作も簡単なのでリズムゲーム初心者でも気兼ねなく遊ぶことができますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

ダンシングライン

ダンシングライン
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク

 

ゲーム概要

一緒に踊ろうぜ

 

『ダンシングライン』はタップ操作だけで遊べるお手軽リズムゲームです。

ダンシングライン1

 

流れる音楽のリズムに合わせて障害物に当たらないように進めていきます。

Deemo』や『STELLIGHTS』などといった音楽ゲームの類とは違いますが、『Tap Tap Dash』や『激ムズ!ジグザグにゃんぷー』のような簡単に遊べるリズムゲームに近いかもしれません。

 

 

遊び方は簡単でタップ操作のみです。

ダンシングライン2

 

このオレンジ色の棒状の物質を操作して安全な道へと導いてあげます。

この棒状の物質は自動的に前進をしていくので、壁などにぶつからないようにプレイヤーはタップで方向転換をさせてあげる必要があります。基本的には最初にタップをすると道通りの方向に曲がってくれますが、それ以降のタップでは左右交互に曲がっていきます。

 

この時、後ろで流れている音楽とステージはリンクされているように作られています。

つまり方向転換をする時に音が奏でられているので、まるで自分が操作をすることによって音楽が演奏されているような気分に浸ることができます。もちろん実際はただただ音楽のリズムと方向転換する時のタイミングをうまく計算して作られているだけですのでリズムを無視して棒状の物質を操作しても構いません。

 

 

そのままゲームを進めていきましょう。

ダンシングライン3

 

ステージ中にはダイヤが10個登場します。

これを集めながらゲームを進めるのもいいですが、ダイヤが配置されている位置は取りづらい場所にあったり分岐された細い道にあったりもします。ダイヤを10個集めるといいことある…かも?笑

 

 

あとはひたすら壁に当たらないように進むだけです。

ダンシングライン4

 

上図のようにステージの区切りの良い地点には進行度が書かれています。

これを見ながらあとどのくらい残っているかを計算して心を落ち着かせましょう(意外とこういう数字があることでプレッシャーになったりならなかったり…笑)!

 

 

もちろん壁にぶつかってしまうとゲームオーバーです。

ダンシングライン7

ダンシングライン8

壁にぶつかったりコース外に落ちてしまうとゲームオーバーになります。

ゲームオーバーになると最初からやり直しになるのでプレッシャーを感じてしまいますね。しかし何度も繰り返し遊んでいくのがリズムゲームの醍醐味であり宿命です!

 

 

しかしステージの途中にはチェックポイントが存在します。

ダンシングライン5

ダンシングライン6

 

このチェックポイントを通過している場合はゲームオーバーになってもこの地点から始めることができます。チェックポイントからスタートさせる場合は何度か無料で再スタートを切ることができますが、失敗し続けると広告動画を観る必要がでてきます。

 

 

ステージ後半にもなると難易度も一気に増してきます。

ダンシングライン9

ダンシングライン10

 

先が見えていた道が急に見えなくなり、リズムを頼りに進めていかなければなりません。しかし先は見えないのに染みついた音楽のリズムを頼りに指が勝手に動いてしまう不思議さを体感できることでしょう。

 

そしてステージの難易度が上がるにつれて楽曲もクライマックスへ。

一定のリズムだけを刻む音楽ではなく、曲もステージに合わせて盛り上がりを魅せてくれるのがこのゲームの魅力とも言えるでしょう。J-POPのような歌で言うならば2番のサビのような盛り上がり、映画で言うならばまさにクライマックスのシーン。曲の盛り上がりと共にプレイヤーの心も躍ることでしょう。

 

 

こんな飛び地だって出てきます。

ダンシングライン11

ダンシングライン12

 

この棒状の物質は飛び地だってへっちゃらです。

身体の一部を切り離してまた延々と身体を伸ばしていくことができます。身体の一部さえ生き残ってくれれば痛みを伴ってでも切り離して生き抜くんです。これが生命の神秘です。

 

 

さらに道が細くなったり画面の視点が徐々に変わっていったりと難易度は増していきます。この難しさを乗り越えたあとにはきっと”満足”という感情を手に入れることができるでしょう。

 

ステージをミスなく進められるとゲームクリアです。

ダンシングライン13

 

ステージをクリアすると新しいレベルが解禁されます。

 

 

他にもステージは盛りだくさん!

ダンシングライン14

ダンシングライン15

ダンシングライン16

 

ステージによってプレイヤーを惑わす構成が異なり、使用されている楽曲や映像美を存分に楽しむことができるでしょう。現時点でステージ数はそこまで多くはありませんがこれから徐々にアップデートされていくことでしょうから長く楽しめると思いますよ!

 

まとめ

 

楽曲、映像美、演出、どれをとっても秀逸でした。

ゲームシステム的にはありがちなリズムゲームですがそれ以外のクリエイティブな要素が非常に美しく、遊んでいて心地のいいものでした。難易度的にも”激ムズ”といったほどではなく、何回かプレイしていればリズムゲームが苦手な人でもクリアできてしまいます。現状ではまだまだステージ数が少ないですが、これからいろんなステージで遊んでみたいと思えるような魅力をもったリズムゲームです。

ダンシングライン

ダンシングライン
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサーリンク

PAGE TOP