『Deemo』-癒し!音ゲーなのに聴き入ってしまうゲームアプリ

なんと美しい旋律

 

どのアプリも完成度の高いことで有名なRayarkが出した音楽ゲーム「Deemo」が素晴らしすぎます。

Deemo

Deemo
開発元:Rayark Inc.
240
posted with アプリーチ

 

2013年にリリースされた作品なのですが、いまだ人気は衰えずアプリランキングの上位にいつも食い込んでいるモンスターゲームです。

Deemo1

いわゆる”音ゲー”と言われるもので、ゲームシステムはむかし流行ったビートマニアに似た雰囲気を醸し出しています。

 

一体このアプリの人気の秘訣はなんなのでしょうか。

 

基本的な遊び方

遊び方は簡単で、奥から降ってくるバーをライン上でタップすると音が出るというものです。

Deemo2

 

ライン上、またはその付近でバーをタップできればピアノの音が鳴るので、音を奏でている一人として演奏に参加している気分になります。

もちろん精確にタップできれば曲に合ったピアノ音を奏でることができますが、少しでもずれるととてもぎこちない演奏に聴こえてしまうので、ゲーム的にも気分的にもピッタリとライン上でタップすることが重要になってきます。

バーをタップする他に、連なった黄色く光ったバーが出てきたらライン上で指をスライドさせ音を奏でます。

うまく決まるとかなり心地いい感覚に浸れることができます。

 

操作方法は実にシンプルで、ハードモードでも指を何本も使わなければならないことはなく、親指と人差し指程度でどうにかなります。(上手い人なら二本指でもいけるかも)

この”シンプルだけど奥深い”感じが子どもから大人まで遊べる秘訣なのかもしれません。

 

スコア表もスッキリしているので、いかにシンプルなゲームシステムかがわかると思います。

Deemo3

上の画像の右端にある木のマークが成長度を表していて、この木を成長させることによって行ける部屋が増えたりストーリーを発展させることができます。

 

ストーリーは不思議な雰囲気で進んでいきます。

Deemo4

キャラクターのイラストも世界観にピッタリで引き込まれてしまいます。

 

音楽が実に秀逸

音ゲーというだけあって、音楽に関してはかなり力を入れているように感じます。

Deemo5

楽曲・音質・ゲームの雰囲気に合った選曲、すべてがパーフェクトと思える内容です。

 

ボーカル入りの曲があったり、ジャンルもロックやピアノの旋律が美しいスローバラードのようなものまであり、音ゲーとして遊んでいるというよりもアルバムの中の楽曲を聴いているような感じにも思えてきます。

ゲーム始めでヘッドホン(イヤホン)を推奨しているように、耳の奥底で集中的に楽曲を聴きこむことをお勧めします。(もちろんヘッドホンなしでも綺麗な音質を楽しめます)

 

ストーリーに準じた楽曲は無料でプレイできますが、そのほかにも多くの楽曲が収録されていて、パックとして購入することもできます。

有名な日本のアーティストも参加しているので楽曲も要チェックですよ!

 

まとめ

このゲームを一言で表すなら、

 

シンプル + 最高の音色 + 独特な世界観 = Deemo

 

といった感じでしょうか。

ビートマニアやダンレボなどの音ゲーは非常にテクニカルな要素もありましたが、このDeemoはシンプルなゲームシステムが物語っているように、「最高の音色を聴いてくれ!」と言っているかのようにも聞こえ、さらに独特な雰囲気をもった世界観と融合して、すべてのパーツがカチッと組み合わさるかのような芸術性を持っています。

なに一つ欠けても名作は生まれないように、最高の要素すべてがうまくハマってできたのがこのDeemoなのかもしれません。

とにかく一度は遊んでみることをオススメいたします。

Deemo

Deemo
開発元:Rayark Inc.
240
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク

PAGE TOP