無理ゲー!?おすすめだけど激ムズな有料ゲームアプリ11選

お手上げ

 

どうも、諦めがライオンよりも早いおにくちゃんです。

 

難しいゲームって必ずありますよね。

昔のゲームで言えば、『ロックマン』シリーズや『高橋名人の冒険島』、『魔界村』シリーズなど難しくても名作と呼ばれた作品が数多くあります。何度もトライ&エラーの繰り返しで熱中したものです。そんな面白くて激ムズなゲームがスマホアプリにもあるわけですよ。

 

そこで今回は難しすぎるおすすめ有料ゲームアプリをご紹介いたします。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

スポンサードリンク

 

XCOM®: Enemy Within

 

ターン制のシミュレーションゲームです。

XCOM®: Enemy Within

 

宇宙人侵略というスペクタクルなストーリーを基盤に、侵略してくる宇宙人に立ち向かう人間たちを操作して勝利を目指します。バトルはターン制になっていて、味方の部隊と敵が交互に行動を決めていきます。戦闘シーンはとても迫力があり、敵を倒すととても気持ちが良いです

他のターン制シミュレーションゲームと大きく違うところは、戦いのシーン以外にXCOMと呼ばれる宇宙人対策本部(?)のような施設を大きくしていくことにあります。武器の開発や遺伝子操作施設などをつくっていくことで、強大な力を持つ宇宙人たちに対抗していきます。戦い以外のところで経営シミュレーション的要素があるのがまたシミュレーション好き心を揺らしてくれます。

 

また、兵士は一度死んでしまうと復活できなかったり、場合によって協力してくれる国から援助を放棄されたりと、実に骨太なゲームシステムになっています。兵士の昇級や兵士の名前を好きに変えられるシステムなど、感情移入もしやすくなっています。

そしてかなりの激ムズです笑。

初めは一番簡単なイージーモードでプレイされることをオススメします(主観ですが、イージーモードが一般的なゲームでいうノーマルな感じです)。

XCOM®: Enemy Within

XCOM®: Enemy Within
開発元:2K
¥1,200
posted with アプリーチ

 

Civilization Revolution 2

 

こちらもターン制戦略シミュレーションゲームです。

Civilization Revolution 2

 

人類の歴史を舞台に、開発や文明を発展させていきながら土地を制圧していく戦略シミュレーションゲームです。このゲームのポイントは、「武力だけの勝利がすべてではない」ところです。経済的に他国を圧倒したり、遺産や偉人を多く見つけることでも勝利につながります。

国を発展させたり武力を強化させながら、他国との争いもしていかないといけないのでスリルのあるゲーム展開へと発展していきます。実際の歴史上の人物も登場するので初めての人でもとっつきやすい仕様になっています。

 

ですがやはり激ムズです。簡単なモードからプレイされることをオススメします。

Civilization Revolution 2

Civilization Revolution 2
開発元:2K
¥1,200
posted with アプリーチ

 

世界の覇者3

 

Easy Tech社製のターン制シミュレーションゲームです。

世界の覇者3

 

主に第二次世界大戦を舞台にしており、ゲーム内容は非常に骨太で硬派なものとなっております。限りある資源を使って部隊を生産していかないといけないため、頭を使って戦略を立てていくことが攻略のカギとなります。逆に敵国の資源を潰すことによって自国の立場が優位になるなど、リアルな戦争シミュレーションゲームとしての魅力も十分です。

 

アプリの価格が非常にお手頃なので骨太戦争シミュレーションゲームをお探しの方にオススメです。こちらのゲームも激ムズに間違いはないですが、Easy Tech社製のゲームである『世界の覇者』シリーズや『欧陸戦争』シリーズはすべて難しいです笑。

世界の覇者3

世界の覇者3
開発元:EASY Inc.
¥120
posted with アプリーチ

 

Plague Inc.

 

人類滅亡が目的のシミュレーションゲームです。

Plague Inc. -伝染病株式会社-

 

”伝染病の危機から世界を救う”わけではなく、”伝染病をまき散らして人類滅亡を企てる”という少し怖いコンセプトのシミュレーションゲームです。プレイヤーは伝染病を世界に放つことでじわじわと感染していく経過を見届けることができます。

 

一国を伝染させていくことでDNAポイントというものがもらえ、そのポイントを使って病原体を進化させていくことで感染スピードや致死率などのパラメーターが上がっていきます。しかし、このゲームの目的は”人類を一人残らず滅亡させる”ことにあります。急速にパラメーターを上げていっても人間が新しく感染する前に死亡してしまったり、感染はするけど致死までには至らない、などゲームバランスが非常に優れています

さらに、人間側も伝染病に対して対策を講じてくるのでプレイヤーの思考力が非常に重要になってきます。また、伝染病タイプによって性質が変わってきたり、ゲームレベルが豊富に揃っているのでかなりやり込めます。

 

こちらのゲームの序盤は余裕でクリアできますが、ハードモードになってくるとかなり難しくなります。逆に捉えればそれだけやり込めるということでもありますが…笑。

Plague Inc. -伝染病株式会社-

Plague Inc. -伝染病株式会社-
¥120
posted with アプリーチ

 

I am Bread

 

「パン」シミュレーターゲームです。

I am Bread

 

おふざけなコンセプトのゲームで、「パン」を操作して焼ける場所まで移動するのが目的です。パンは人に食べられるわけなので、移動中に汚い場所や不衛生な場所を通ると可食性が下がりゲームオーバーになってしまいます。

パンが焼ける場所はトースターのみならず焼けそうな場所ならどこでもいいので、ステージ内を探索する楽しみもあります。ただ、移動の操作性が極端に難しいのでかなりの慣れが必要になります。PC版などでも操作性は難しいのであえて難度の高い操作性にしているのでしょう。

 

おバカなコンセプトのゲームが好きな人にはオススメです!

I am Bread

I am Bread
¥600
posted with アプリーチ

 

100 Rogues

 

『不思議のダンジョン』ライクなローグライクRPGです。

100 Rogues

 

細かい部分を除いてほとんど「不思議のダンジョン」のようなシステムですが、とにかく敵が多く難易度が高い!軽い気持ちでこのゲームを遊んでしまうと必ず心が折れてしまいます。「俺はローグライク上級者だぜ!」という強者だけが遊んでいい骨太なローグライクRPGです。

100 Rogues

100 Rogues
¥360
posted with アプリーチ

 

Quest of Dungeons

 

海外製のローグライクRPGです。

Quest of Dungeons

 

4人の異なるキャラクターから1人選んでダンジョンを探索していきます。敵を倒したりクエストをこなしていくことで経験値を稼ぎます。序盤のザコ敵に苦戦することはありませんが、たまに1階からボスが現れると太刀打ちできません笑

ゲームバランスがいいとは言えませんが、なぜだか繰り返して遊んでしまう不思議な病みつき系ゲーム。キャラクターが4人いるので何回も繰り返して遊ぶことのできるローグライクRPGです。

 

飛び道具の使える弓矢使いか魔法使いがオススメ!キャラクターはなんだか可愛いです。

Quest of Dungeons

Quest of Dungeons
開発元:David Amador
¥240
posted with アプリーチ

 

Downwell

 

下降型アクションガンシューティングゲームです。

Downwell

 

ガンブーツと呼ばれる靴についた銃を装備している主人公が、敵を倒しながら井戸深く突き進んでいくアクションシューティングです。

ファミコンテイストなグラフィックとは裏腹に、展開はとてもスピーディーで爽快!ガンブーツで敵を倒す快感もさることながら、踏みつけても倒せる(倒せない敵もいますが)ので操作スピードもいつの間にか上がってしまいます。またガンブーツの種類も豊富で、マシンガンやショットガンなどの特性を持ったガンブーツを手に入れる時もなんだかワクワクします。

 

難易度は高く、繰り返し遊ぶことで徐々にステージも進めるようになってくるゲームですが、何回でもプレイしたくなるような要素がこのゲームには詰まっています!

Downwell

Downwell
¥360
posted with アプリーチ

 

Steps!

 

リズムに乗ってタップするゲームです。

Steps!

 

音楽に合わせて音符のキャラクターを台から台へ移動させていくゲームです。

タップでジャンプしていくだけなのですが、台から落ちてしまったりぶつかってしまうとゲームオーバーになってしまいます。小気味良い音楽のリズム感と、それに乗せてキャラクターが移動していく様は爽快感そのもの!ステージは平面だけではなく奥行き感のあるステージもあるので、クリアするのは何度もプレイしなければできないくらい激ムズです。ただし、リトライもリズムよくできるのでまったくストレスになりません

 

難しいですが、何度も繰り返してクリアする達成感がたまらないリズムアクションゲームです。みんなのクリア率が表示されるのもモチベーションが上がります!

Steps! - 激ムズアクションの最高峰で人類の頂点を極めろ!

Steps! – 激ムズアクションの最高峰で人類の頂点を極めろ!
開発元:Dividual Inc.
¥120
posted with アプリーチ

 

Give It Up!シリーズ

 

こちらもリズムに乗ってタップするゲームです。

Give It Up!

△Give It Up!

 

『Steps!』の本家ともいえるリズムアクションゲームで、『Steps!』同様、激ムズ仕様でプレイヤーをリトライ地獄に陥れます。何度も繰り返してプレイし、コースを覚えながら徐々に前に進んでいくしかありません。鬼畜ですが、それがウリのゲームなので遊ぶ人を選ぶゲームかもしれません。ただ、遊んでみると病みつきになるくらいリトライを繰り返してしまいますよ!音楽やキャラの動きなんかがこちらの方が可愛く思えてしまいます笑。

Give It Up!

Give It Up!
開発元:Invictus
¥120
posted with アプリーチ

Give It Up! 2

Give It Up! 2
開発元:Invictus
無料
posted with アプリーチ

 

まとめ

 

難しくて面白いゲームっていうのはやっぱり何度も繰り返し遊べるかどうかなんでしょうね。なにかやる気に繋げられる要素があったり、頑張ればクリアできそうと思わせるなにかがないと人気は出ないんでしょうね。そういった意味でも作為的に難易度を難しくしている制作者の方はゲームの面白さに相当自信を持っていなければできないんでしょうね。

「難しいゲームを作るのが一番難しい」…ということでよろしいでしょうか?笑

 

スポンサードリンク

PAGE TOP