2DアクションRPGアプリ『Don’t die in dungeons』が地味にハマる

ツボを押さえてる

 

わりかしマイナーなゲームアプリのご紹介です。

埋もれゲーに入れようかと思ったのですが、これが中々ハマってしまったので単独レビューいたします。

それがこの『Don’t die in dungeons』という2DアクションRPGです。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

Don't die in dungeons

Don’t die in dungeons
開発元:Bakumens Inc
無料
posted with アプリーチ

 

このゲームは目新しい機能やシステムがあるわけでもなく、圧倒的なグラフィックを誇っているわけでもありません。

なによりこのゲームはアクション・RPGのツボを押さえているのです。

 

どんなゲーム?

このゲームのジャンルは前述通り2DアクションRPGです。

Don't die in dungeons

タイトル画面からもご察しがつくようにスーファミ風のドット絵グラフィックです。

中々雰囲気の出ているゲームで本当にスーファミのソフトとしてリリースされているような印象を受けます。

 

 

ゲームの目的は王様の娘を助け出すこと。

Don't die in dungeons

△王様の娘は悪い奴らに捕らえられる宿命のようです。

 

キーパッドはファミコンのように超シンプル。移動は左右のみで、AボタンBボタンが使えます。

Aボタンは攻撃Bボタンはジャンプに割り当てられています。

キー配置は設定で自由にカスタマイズできるのでやりやすい位置に直すことができます。

 

 

ゲームはステージ制になっていてゴールとなる扉を目指します。

Don't die in dungeons

ダンジョン内には大量の敵が潜んでいます。火を噴くものや武器を投げてくるもの、飛んでいるものなどバラエティ豊かな敵が襲い掛かってきます。敵は体力制になっているので一度斬りつけただけでは死にません。

真っ向から攻撃しにいくとこちらの体力が削られてしまうため、敵の移動パターンや特性を見極めて攻撃していく必要があります。

 

 

それと、ただ単にゴールを目指すだけではいけません。

Don't die in dungeons

ゴールとなる扉には鍵がかかっており、ダンジョン内に落ちている鍵を探さなければなりません

鍵を持った状態でも一度死んでしまうとまた鍵を探さなければなりません。しかも、ダンジョン内はランダムマップで入るごとにありとあらゆる形や配置に変わります。

 

 

鍵探しも大事ですが、このゲームはダンジョン内で手に入るお金も重要な要素になります。

Don't die in dungeons

お金を入手するには壺や箱などを攻撃してゲットするか、敵を倒してゲットします。壺や箱を攻撃する際も何回か攻撃しないと壊れず多少面倒です。ですが、ステージが進めば進むほどお金の出方もザックザク出てくるのでとても気持ちいいです。病みつきになりそう笑

 

 

ダンジョン内で入手したこのお金は何に使われるかというと、武器や防具を買うことができます。

Don't die in dungeons

お城の商人に話しかけると武器や防具を売ってくれます。武具によってダメージの大きいものや攻撃スピードの速いもの、体力が上がるものなどRPGとしての要素が楽しめます

さらに、主人公はレベル制になっていて敵を倒すことで経験値がもらえ、一定の値を超えるとレベルアップします。つまり、ある程度主人公を強くしないとステージが進んだ時に苦労する(もしくは進めなくなる)んです。

 

お金は比較的すぐ貯まるので問題なく購入できるでしょう。主人公のグラフィックが武器を変えた場合は変わりますが、贅沢を言えば防具やアクセサリーでも変わってほしかった・・・。(二頭身じゃ仕方ないか笑)

 

 

他にも、ちょっと得した気分になれる隠し通路要素があります。

Don't die in dungeons

隠し通路は普段黒い壁としてプレイヤーには見えてはいませんが、通路の入り口に主人公が近づくことで可視状態になり通ることができます。隠し通路には黄金の宝箱が隠されていて、中には経験値アップのアイテムや体力を回復してくれるアイテムなどが入っています。

各ダンジョン内のどこかに隠されているため見つけても見つけなくてもどちらでも構わないのですが、隠し通路の宝箱を見つけたという事実だけでもなんだか嬉しくなってしまいます笑

 

 

ダンジョン内を探索しやすくする他の機能としてはズームアウト機能(勝手に命名)があります。

Don't die in dungeons

右上の虫眼鏡マークのボタンを押すことでダンジョン内をズームアウトしてみることができます。この状態でも操作は可能なので慣れたらこちらの方がやりやすいかもしれません。

裏技というほどでもないのですが、このズームアウト機能を使うと先ほどの隠し部屋が見つけやすくなります。

ズームアウトしたまま主人公を動かすと隠し部屋付近の壁のグラフィックが微妙にズレます。ズレた壁のある場所に隠し通路があるということです。これはただのプログラム的なものです笑

 

そんなこんなで鍵を入手しゴールとなる扉までたどり着ければクリアです。

Don't die in dungeons

△無事に扉は開かれた

 

さぁ、ステージを進むとついにボス戦が待ち構えています。しかし待ってください。

ボス戦にはステージクリア時にもらえる星が必要になってきます。

Don't die in dungeons

この星は1つのステージで最高3つ手にすることができます。

星がもらえる条件や出現場所は、

  • ステージ内の壺や箱から出現
  • ステージクリアで入手
  • ダンジョン内の敵をすべて倒してステージクリア

の3つです。なるべく3つすべて入手しておくと後が楽になってきます。

 

 

この星を一定数集めるとボス戦への扉が開かれます

Don't die in dungeons

△ボス戦はまさにスーファミゲームのようなクオリティ!!

 

ごり押しで攻撃すれば勝てるわけではなく、ちゃんと攻略法が存在してヒット&アウェーの連続です。攻撃して逃げて攻撃して逃げて・・・まさに少年少女時代に遊んだスーファミを思い出します。

 

 

さぁ果たしてあなたは王様の娘を救い出すことができるのでしょうか・・・。

そのまま帰っても誰も文句は言やぁしませんよ・・・笑

 

まとめ

というわけで地味にハマった『Don’t die in dungeons』のご紹介でした。

本当に目新しいゲームではありません!!今となっては当たり前の要素しかありません。

しかしその当たり前の要素が実にツボを押さえているんですよね・・・。やっぱり持つべきものはハクスラ・・・。

まぁ、後半になっても基本的に同じことの繰り返しなので単調になる感は否めませんが・・・。

それでも遊んでしまう魔の魅力。恐ろしや。

Don't die in dungeons

Don’t die in dungeons
開発元:Bakumens Inc
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク

PAGE TOP