『グランドエレメンタルマスター』-シンプルだからおもしろいTCGアプリ

TCGはこうでなきゃ

 

どうも、テレホンカードマスターのおにくちゃんです。

 

トレーディングカードゲーム自体は過度なグラフィックの演出を使わない限り容量を抑えられるゲームのはずなのですが、最近のTCGはフルボイス機能などがついていてとにかく容量がデカい!「いやいやカードゲームにボイス機能いるのか…!?」と思ってしまいそうなところですが、スマホのストレージ容量も増えてきて需要もあるのでしょう。ただ容量難民にとっては辛いところです…笑。

 

しかしそんな困ったさんに救いの手を差し伸べてくれるTCGが現れました!

 

それがこの『グランドエレメンタルマスター』です。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

グランドエレメンタルマスター

グランドエレメンタルマスター
開発元:Yuji Kurita
無料
posted with アプリーチ
スポンサードリンク

 

ゲーム概要

遊び方

 

『グランドエレメンタルマスター』はトレーディングカードゲームです。

グランドエレメンタルマスター1

 

オフライン・オンライン対戦に対応しているTCGで、シンプルな装いに奥深いゲーム性が詰まっています。『ハースストーン』や『オーダー&カオス デュエル』などのTCGで遊んだことがある人ならすぐに入り込めると思います。

 

 

まずはなにがそんなに他のTCGと違うのか。

ズバリそれはアプリの容量が軽いこと!1GB越えなんてあたりまえのTCG業界に歯止めをかけるべく立ち上がった(妄想)このアプリの容量は100MB程度!128GBなんかの大容量スマホを使っていれば1GBの容量なんてのは気にしないレベルなのかもしれませんが、容量難民にとっては100MBが白米だけの弁当にふりかけをかけてくれたくらいありがたいものです。

それでいて内容も有名なTCGと負けず劣らず!ありがたやありがたや。

 

 

えっと、心なしか「早くゲームを紹介しろ」という声が聞こえてきそうなのでそろそろご紹介します。

 

ゲームの流れ

 

基本的にカード同士を戦わせて相手プレイヤーの体力を0にすることが目的です。

 

勝負が始まると4枚の手札が配られます。

グランドエレメンタルマスター2

 

最初だけは3回まで手札のカードを入れ替えることができます。

モンスターを召喚するにはマナというものが必要になってくるので、初めの段階でマナコストのかかるモンスターが多くいると先制攻撃をくらってしまうかもしれませんね。

 

 

ターンが始まると同時にプレイヤーにはマナが1つ与えられます

グランドエレメンタルマスター3

 

このマナはターン毎に増えていくもので、これが増えることによって初めてモンスターを召喚できるようになります。マナは最大10個(特殊能力などによっては15個)まで溜まり、勝負の後半になるにつれて使用できるマナの数が増えていくということです。

 

 

マナが溜まればフィールドにモンスターを召喚できるようになります。

グランドエレメンタルマスター4

 

カードの右上を見てみると数字が書いてありますね。

これがマナコストと言われるものでカードを使用するために必要なマナの数です。例えば、現在持っているマナの数が「2」で、「2」のマナコストのカードを使用するとマナが「2」消費されます。当然マナは0になってしまい、そのターンでは他の行動ができなくなってしまいます。ただし次の自分のターンでは先ほど消費したマナは回復されます。

 

召喚されたモンスターは隣のフィールドが空いていると移動が可能になります。目の前にモンスターが配置されているとプレイヤーに攻撃できない特殊能力を持ったモンスターもいるので、うまく移動してブロックするなどの戦術も生まれます。

 

 

カードの真ん中あたりに表記されている数字は攻撃力と防御力(体力)です。

この数値を頼りにモンスターを攻撃したり防御線を張ります。モンスターを召喚したターンでは攻撃ができない(例外あり)ので注意しましょう。

 

 

攻撃の仕方はモンスターを攻撃したい対象(敵モンスターや敵プレイヤー)に向けてドラッグ&ドロップで行います。敵モンスターに攻撃を仕掛けた場合、こちらの攻撃だけがヒットするわけではなく相手の攻撃もこちらにヒットします。なので、相手にダメージだけを与えて自分のモンスターだけ倒れてしまったり相討ちがあったりもするということです。

 

万が一モンスターを倒されてしまうと「ソウル」というものが溜まっていきます。

グランドエレメンタルマスター5

 

ほとんどのモンスターは倒されると「ソウル」を獲得することができるのですが、「ドール」と呼ばれるモンスターは能力的に強いのですが倒されてもソウルは獲得できませんので注意しましょう。

 

モンスターによっては召喚するのにこの「ソウル」が必要になってくるものがいます。

カードのモンスター名の下に「ソウル」のマークがついているのがそれです。「ソウル」で召喚できるモンスターは攻撃力・防御力共に強いのでここぞという時に召喚しましょう。「ソウル」で召喚されたモンスターが倒されてもソウルは獲得できません。

 

 

ゲーム画面左にある宝石のマークは「ジュエル」というものです。

グランドエレメンタルマスター3

グランドエレメンタルマスター6

 

「ジュエル」は言わばプレイヤーのスキルのようなもので、「ジュエル」の種類によってその効果が変わってきます。「ジュエル」にもマナコストが表記されているように使用にはマナが必要になります。

 

ちなみにこの「ジュエル」は覚醒させて強化することもできます。

ジュエルを覚醒させるためにはマナコストとソウル2つが必要になります。覚醒したい時には自分のプレイヤーアイコンをドラッグ&ドロップで「ジュエル」まで運びます。ジュエルが覚醒すると能力がアップして勝負に有利に働きますが、ジュエルのマナコストも1増えます。

 

 

こんな感じでターンを進めて勝負をしていきます。

モンスターによって特殊能力を持っていたりもするので頭を使いながら戦略的に楽しめます。

 

デッキ編集

 

TCGの魅力といえばカードを集めてデッキ編集をすることですね。

 

カードはコインやクリスタルを使って購入することができます。

グランドエレメンタルマスター7

 

パックで購入するだけでなく買いたいカードを1枚ずつ購入することもできます。

 

 

カードを入手したら早速デッキ編集をしましょう。

グランドエレメンタルマスター8

 

このデッキ編集がしやすいのなんのって!笑

カードをタップするだけでデッキに追加・除外ができます。慣れてしまえばサクサクと編集ができて快適です!はじめの設定では持っていないカードも表示されていますが、「絞り込み」ボタンから「所持していないカードも表示する」のチェックを外せば持っているカードだけが表示されます。

 

デッキの作り方にはルールがあります。

  • デッキは全部で25枚で構成
  • 同じ名前のカードは2枚まで
  • デッキに入れられる色は2色まで(灰色のカードはカウントされない)
  • ソウルコストを持つカードは対応したジュエルを使用しなければならない

 

デッキに入っているマナコストのカードの数を表しているグラフも表示されていて全体のバランスが確認しやすくなっています。総じてデッキ編集のしやすさが際立っています!

 

まとめ

 

グラフィック力の高さや演出はありませんが、シンプルな作りで本格的なTCGが遊べます。「高グラフィックやボイス機能じゃない!こんなシンプルなのを待っていたんだ!」と言わんばかりに喜んでおります笑。オフラインでもオンラインでも遊べるので、オフラインで地力をつけてオンラインで腕試しなんてこともできそうですね。あとはオンラインに人が増えるのを待つだけです笑。

みなさんのお力を借りてゲームを盛り上げていきましょう!

グランドエレメンタルマスター

グランドエレメンタルマスター
開発元:Yuji Kurita
無料
posted with アプリーチ

 

 

スポンサードリンク

PAGE TOP