写真の光反射も除去できるアプリ『フォトスキャン』がスゴイ

ゴイス

 

どうも、顔のテカリを除去したいおにくちゃんです。

 

写真をスキャンしたい時ってありますよね。

スキャンアプリを使うとカメラで写真を撮影するだけでデータをデジタル化することができます。しかし、スキャンアプリを使うと写真に光沢があればあるほどどうしても写真に光反射がでてしまいますね。

 

そんな時は『フォトスキャン』を使ってみてはいかがですか?

『フォトスキャン』はGoogleが提供するスキャンアプリです。このアプリには写真の光反射を除去してくれる機能がついているので、カメラで写真を撮影するだけで綺麗なデジタルデータにすることができますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

フォトスキャン by Google フォト

フォトスキャン by Google フォト
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

アプリ概要

見本

 

まずは3つの見本を御覧ください。

フォトスキャン1

△普通のカメラで撮影

フォトスキャン2

△他のスキャンアプリで撮影

フォトスキャン3

△『フォトスキャン』で撮影

 

3種類の方法で写真を撮影してみました。

まず一つ目は普通のカメラアプリを使って写真を撮影しました。当然、補正してくれる機能もないので撮ったままの画像が出来上がります。二つ目はその他のスキャンアプリを使って撮影したもので、比較的綺麗には写っていますが多少の歪みなどを感じてしまいます。

 

3つ目が『フォトスキャン』で撮影した写真です。

歪みも光の反射もなく、とても綺麗に撮影できているのがわかるかと思います。このように、誰でも簡単に写真をスキャンしてデジタル化できるのがこのアプリの魅力・特長と言えるでしょう。

 

使い方

 

使い方はとても簡単です。

フォトスキャン4

 

アプリを起動するとカメラが起動するので、写真を画面に収めるように合わせてシャッターを切ればいいだけです。シャッターを切る前にはフラッシュ機能光反射除去機能のオン/オフを設定できます。光反射のない写真や白い紙の文書などをスキャンする際に光反射除去機能をオフにしておくと短時間でスキャンできます。

 

 

光反射除去機能をオンにしているともう一つやることがあります。

フォトスキャン5

 

一回目のシャッターを切ったあとに画面上には4つの円が現れます。その円と画面真ん中に表示されている丸枠を合わせていきます。円と丸枠を合わせ終わるとシャッター音が鳴るので、鳴ったら次の円に移動をして同じことを繰り返しましょう。

 

 

その作業が終わるとスキャン完了です。

フォトスキャン6

 

スキャンが終わると自動的にアルバム(カメラロール)に保存されます。スキャン後には画像の回転や削除、共有などができるので必要があればやっておきましょう。

 

 

さらに、範囲の調整もできます。

フォトスキャン7

 

「角を調整」ボタンを押すと写し出す範囲を決めることができます。表示される4つの角を自由に動かして写し出す範囲を決定しましょう。この時、4つ角を動かしてすぐに指を離してしまうと範囲がリセットされてしまうので、範囲を決めて気持ちキープしたあとに指を離すと良いでしょう。

 

 

スキャンした写真はアプリ内でも管理できます。

フォトスキャン8

 

アプリ内にデータが入っていればいつでも角の調整や共有などができます。ただし、カメラロールに入っているデータとアプリ内に入っているデータは連動されているので、どちらか一方で写真を消すとどちらのデータも消えることになります(アプリを消した場合はカメラロールに写真が残ります)。カメラロールに保存されているからといってアプリ内のデータを消すと結果的にどちらも消えてしまいますので注意しましょう(逆も然り)。

 

まとめ

 

とても綺麗に写真をスキャンできるアプリでした。

簡単な方法で綺麗に写真をデータ化することができましたね。これさえあれば家にスキャナーがなくても手持ちのアルバムなどの写真をデータ化できます。パソコンを使うこともなく、難しい操作も必要ないので老若男女問わず使えるのが嬉しいとこです。さすがGoogleの技術ですね!笑

フォトスキャン by Google フォト

フォトスキャン by Google フォト
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

PAGE TOP