まさに五臓六腑に染みわたるパズルゲームアプリ!「rop」

ロープじゃないよ

 

面白いパズルゲームというのはシンプルなものが多い気がします。

ゲーム自体はシンプルなのに複雑性や難解性が盛り込まれていて、頭を使わないと解けません。

そんなゲームを思い付いてクリエイトするわけですから驚くことばかりです。

 

そしてここにもシンプルで頭の柔軟性が必要なパズルゲームがあります。

それがこの「rop」です。

※以下のアプリは記事を書いた時点での価格となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

rop

rop
開発元:MildMania
120
posted with アプリーチ

 

「ロープ(rope)」ではなくて「ロップ(rop)」です。(日本語読みでロップと読むのかはわかりません笑)

このゲームで使うのはまさに”ロープ”のようなもの!このロープを使ったパズルゲームなんです。

 

 

遊び方

遊び方は非常にシンプルです。

rop1

 

画面上部に表示されている”サンプル図”と同じ形を下の六角形のマス内で再現するとクリアです。

空いているマス内であればどこにでも”ロープの結び目(以下、便宜上こう呼びます)”を動かすことができます。

 

左端のロープの結び目を右端と正反対の位置に置くと・・・

rop2

△見事クリア!!

 

まったく同じ配置図になればレベルクリアとなり、次のレベルに進めます。

 

 

それではこちらはどうでしょうか?

rop3

 

今度はロープの結び目が”3つ”になっていますね。

サンプルの「V」も3点で成り立っているのであそこをこうしてこっちをああしてあげれば・・・

rop4

△成功のVサイン!!!

 

簡単ですね。まぁ、最初のレベルはやり方を覚えるために簡単になっています。(当たり前か)

レベルが上がってくると次第に難度も上がってきます。(当たり前か2)

 

 

さぁ、この四次元ポケットのようなサンプル図をどうしたら再現できるでしょうか?

rop5

△すべての結び目が点に相当するとは限らない・・・!!?

 

簡単そうで意外と頭を使わないといけない問題も・・・

rop6

△余計な線が出てきちゃう・・・!!?

 

ロープの結び目の配置によっては線がクロスしてしまったり、余計な線が生まれてしまうことがあるので、元のロープがどのような形状・結び方がされているかを把握することがこのゲームを解く一番のポイントです。

 

「おんなじ形にするなんて簡単じゃん!」なんて思っているとすぐにつまづいてしまいます。

ロープがすべて統一された色でどことどこが繋がっているかも把握しにくいのもこのゲームの難解さを表しています。

脳トレ」としても真価を発揮しそうなパズルゲームです。

 

ちょっとした暇な時間でも遊べて、みんなと一緒に考えながらも遊べるアプリ。

実際に家で紐を繋ぎ合わせて確認しながら遊んでみるのも楽しいかもしれませんね!

 

まとめ

パズルゲームのオンライン対戦はよくありますが、パズルゲームの問題をシェアしながら一緒に解くっていうアプリはあまりありませんよね。

通信システムやら需要がないやら、いろいろあるんでしょうがあったらあったで楽しめそうですね。

わからない問題があったら一緒の問題を他のアプリで通話でもしながら、家族や友だち、彼氏彼女なんかと解けたらなんだかほっこりしそうです。

まぁバカの考えることなんでバカっぽい考えですね笑 けろ

rop

rop
開発元:MildMania
120
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク

PAGE TOP