『サリーの法則』-泣けるゲーム!絵本のように展開する父娘の感動ストーリー

胸アツ

 

どうも、親子ものに弱いおにくちゃんです。

 

あなたに愛すべき人はいるでしょうか。

普段なにげなく生活している裏にはいろんな愛が存在し支えてくれています。親子愛、兄弟愛、友情、恋愛感情、人間は愛があるからこそ生き抜く力が生まれるのではないでしょうか。愛を感じていない人も気づいていない人も、必ず誰かしらに愛をもらっているはずです。あたりまえと思っていたことに愛が隠されているのかもしれませんね。

そんなあたりまえと思っていた愛を再認識できるゲームがあります。

 

それがこの『サリーの法則』です。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

サリーの法則

サリーの法則
開発元:Polaris-x
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク

 

ゲーム概要

絵本のようなストーリー展開

 

『サリーの法則』は父娘を操作してストーリーを進めるアクションアドベンチャーゲームです。

サリーの法則1

サリーの法則2

 

ゲームシステムで言えば横スクロールのアクションゲームや自動で走るランゲームのようなシステムに近いゲームです。アクション要素と同時にストーリーも一緒に展開されていくので動かす絵本のような世界を体感することができます。

 

 

操作をするのは娘のサリー。

サリーの法則3

 

サリーは自動で転がる(移動)ので画面をタップしてジャンプさせるのが操作方法です。

段差や階段、崖や谷間をジャンプで乗り越えていきます。

 

 

道行く先には時折現れる障害となる壁。

サリーの法則4

サリーの法則5

 

障害に近づくと自動的に開いて前進することができます。

サリーは「なぜ障害が開くのか」など一切考えずに我が道を進んでいきます。

 

 

サリーは昔から本を読むことが大好きでした。

サリーの法則6

サリーの法則7

 

そんなこともあって彼女は絵本作家になることを夢見て邁進します。

どんな障害があろうとも不思議と道が開けていくんです。

 

 

 

ステージの終着点にたどり着けばクリアです。

サリーの法則8

 

ここまではよくあるアクションゲームです。

アクションとストーリーが同時に展開することは珍しいですが、アクション要素的には特に変わった点は見られません。しかしここからがこのゲームの真骨頂となる部分なんです。

 

 

実はこのゲーム、操作するのはサリーだけではありません。

サリーの法則9

 

サリーのお父さんも操作をしてゲームを進行させていきます。

つまりサリーのパートとお父さんのパートが分かれているというわけです。ただ、キャラクターによって操作が変わるゲームというのも決して珍しいものではありません。キャラクターごとにストーリーが展開するものはよくある話です。

 

 

しかしゲームを進めるとすぐにあることに気づきます。

サリーの法則10

 

父親の下にいるのは娘のサリー?

しかも先ほどサリーを操作した通りに自動で進んでいきます。父親は画面の左右をタップすることで前や後ろに移動することができますが、ジャンプをすることはできません。

 

 

父親のパートでは父親目線でのストーリーが展開されていきます。

サリーの法則11

 

 

 

しばらく娘を見守りながらついていくと見たことのある光景を目にします。

サリーの法則12

 

サリーのパートでは自動的に開いていた障害物。

父親のいるステージの上にはなにやら青い鍵のマークのようなものが落ちています。

 

 

これを拾ってみると…

サリーの法則13

 

なんとサリーのステージ上の障害物が開けました。

そう、サリーのパートで障害物が自動的に開けていたのはなにを隠そう父親のおかげだったのです。実は障害物が運よく開けていたのではなく、父親の献身的な愛によって障害が取り除かれていたわけなんです。

 

それに気づいた時には胸が熱く弾けそうなくらいジーンとしてしまいました。

これまだゲームの序盤なんですから、一気に世界観へと引きずり込まれた瞬間でした。

 

 

つまりこのゲームは愛に繋がれた父と娘の物語なんです。

サリーの法則14

サリーの法則15

 

父親は娘の行動の先回りをして数ある障害から守ってあげるのが使命です。

もちろん父親が先回りする前に娘が障害に到達してしまえばゲームオーバーになってしまいます。ストーリーに集中していると先回りを忘れて娘が障害に到達してしまうこともよくあるので注意が必要です!

 

 

そして時は流れ、話は急展開に。

サリーの法則16

 

もうこの時点でストーリーの展開を妄想してしまって涙が出そうになります。

 

 

サリーは本当にマイペース。

サリーの法則17

△このセリフが親子関係を象徴しているのかも

 

 

ストーリーも気になるところですがアクション要素も徐々に難しくなってきます。

サリーの法則18

サリーの法則19

 

例えばルートが複数ある場合、サリーが通った道を覚えておかないと父親パートの際に開ける障害物を間違えたり、迷っているうちにサリーが障害物に到達してしまったりするのでパズル的な頭脳も必要になってきます。闇雲にゲームを進めてもクリアできない面白さがあります。

 

 

他にも娘の力を借りてジャンプをすることもできます。

サリーの法則20

サリーの法則21

 

父親は自らの力でジャンプをすることはできません。

ただしサリーとぶつかることでジャンプすることができ、離れた足場へと移動できます。父親もまた娘の存在に助けられているということですね。

 

 

こうしてストーリーとアクションを同時展開させながらゲームを進めていきます。

果たして父親と娘の運命はどうなってしまうのでしょうか。

 

まとめ

 

ストーリーやアクション要素が連動していてとても深みのあるゲームが味わえます。

父親の陰から支える不器用な感じや、どんな運命であろうと突き進むマイペースな娘のキャラクター性がストーリーだけでなくゲームシステムからも感じられます。そこらへんがとてもオシャレで凄いなぁとただただ感心してしまいました。ストーリーや世界観はいうことありませんが、気になる点があるとすればチャプター間の広告とスタミナ制でしょうか。1ミスでスタミナを1つ消費するので結構すぐに無くなってしまいます。まぁただ課金で広告非表示やスタミナ購入ができるので世界観に入り浸りたい人は購入してくださいということでしょう。無料ゲームですから致し方ないことですね。

 

ゲームはストーリー、ゲームシステムともに面白い出来になっています。アクション要素に集中しているとなかなかストーリーをしっかり読むことができないので、ゲーム画面を録画して改めて見るのも面白いですよ!見返せば見返すほどストーリーの深さを感じられます。

親子愛や人間関係を改めて再認識したい人は是非プレイして泣いてみてくださいね!

サリーの法則

サリーの法則
開発元:Polaris-x
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサーリンク

PAGE TOP