色の足し算+テトリス風な落ち物パズルゲーム『Shades』

脳みそフル回転

 

”異色”ともいえる落ち物パズルゲーム『Shades』のご紹介です。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

Shades: シンプルなパズルゲーム

Shades: シンプルなパズルゲーム
開発元:UOVO
無料
posted with アプリーチ

 

この『Shades』は色を使った落ち物パズルゲームで、色を使ったゲームといえば『Blendoku 2(彩独2)』が最近では話題ですが、それよりももっとシンプルで遊びやすく頭もかなりつかいます

ルールはとても簡単ですがその遊び方をご紹介いたします。

 

遊び方

 

まずは全体的な雰囲気から。

Shades: シンプルなパズルゲーム

見た目もシンプルで色の配色がとても綺麗な印象を持ちます。こういう色彩のセンスがある人に憧れてしまいます(余談)

 

ゲームでは難易度を選択することができ、選んだ難易度によってブロックの落ちてくるスピードが変わってきます。また、一回転の矢印ボタンを押せば、自由に好きな色のブロックで遊ぶこともできます。

 

 

それでは早速プレイしてみましょう。

Shades: シンプルなパズルゲーム

ゲームの開始と同時にブロックが『テトリス』のように上から落ちてきます。ブロックに回転などの動作は無く、横に移動させるだけです。

移動のさせ方は、ブロックを移動させたい行にタップするだけで勝手に動いてくれます。ブロックが底についたら次のブロックが落ちてきます。

 

 

ブロックの消し方ですが、横一列に同じ色のブロックが並ぶと一列分のブロックがすべて消えます

Shades: シンプルなパズルゲーム

 

しかし、いつも同じ色のブロックが落ちてくるとは限りません。

そこでこのゲームの最大の特徴でもある”色の足し算”をすることで目的の色のブロックを作りだします。

 

 

そのやり方ですが、同じ色のブロックを二つ縦に重ねることで、より濃いブロックが生み出されます

Shades: シンプルなパズルゲーム

△縦に二つ同色ブロックを重ねると・・・

 

図に表すとこんな感じです。

Shades: シンプルなパズルゲーム

薄い緑のブロック二つを重ねたことで、ちょっと濃くなったブロックが生み出されました。

つまり、色の足し算を行うことで目的のブロックの色に近づけていくことができるということです。

 

 

遊び方はたったこれだけで、ルールはすぐに覚えられると思います。ただし、遊んでみるとなかなか同色のブロックを横一列に並べるのが難しく、瞬時に同じ色の行がどこか探し出し、さらに横一列同じ色のブロックにするためにはどうしたらいいかなどを考えているとプチパニックが起こります笑

シンプルなパズルゲームながら頭をフル回転させる必要があります。

 

 

プチパニックの果てにはこうなります笑

Shades: シンプルなパズルゲーム

もはやチェッカーフラッグ!!

 

頭を使うパズルゲームに落ち物という常に迫ってくる緊迫感を加えたようなゲームです。

誰でも遊べて最高の暇つぶしにもなる落ち物パズルゲーム、あなたも試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

落ち物パズルゲームといえば割と直感的に遊べるイメージでしたが、この『Shades』はかなり思考的な落ち物パズルゲームですね。

最初は慣れるのに時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてブロックを消せるようになってくるとかなり気持ちいいです。ブロックの色が連続的に変化していくときなんて堪りません笑

設定で列数を変えられたりもするので初心者にも上級者にも安心です。

色彩豊かな彩を感じてみてはいかがでしょう。

Shades: シンプルなパズルゲーム

Shades: シンプルなパズルゲーム
開発元:UOVO
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク

PAGE TOP