ソシャゲ嫌いも一度は流された5つのソーシャルゲームアプリ

流される人生

 

まだ「ソーシャルゲーム」という言葉が世になかった時代、海外製のソシャゲアプリで何気なく遊んでいました。

遊んでいる最中は感情が出るわけでもなく、アプリ自体が英語なので本当に「何気なく」という言葉がふさわしいくらいひたすらにボタンをポチポチしているだけでした。

感情の起伏はないものの、なぜか毎日のようにポチポチポチポチ押す日々が続き、まさに「ソシャゲにハマる心理」に取り憑かれていたのであります。

※以下のアプリは記事を書いた時点での価格となります。場合によっては価格が変動している可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

 

なぜ毛嫌いするようになったのか

 

結論から言ってしまえば、ソーシャルゲーム自体が嫌いというわけではなく、”あまりにも似たようなゲームシステムのソシャゲが多すぎて飽きた”というのが一番大きな理由かと思います。

特に昔のソシャゲは、「アクションRPG」や「シミュレーションRPG」とうたったただの「カードゲーム」一辺倒だったので飽き飽きしていました。

 

しかし実際ソーシャルゲームをやって”楽しい”とは思わないものの、何気なくハマってしまうので時間をつぶすのには最適だったのです。

そこにひとつのソシャゲが光を放ってやってきました。

 

パズドラ降臨

 

パズドラが世間を騒がし、色々な人が「パズドラやってる」という言葉を聞いてしまうと流されてやってみたくなるのが人間の性です。

どうせすぐ飽きるだろう」と自分の中で予防線を張りLet’s Download!!

ここから1年やり続けてしまうとは予想すらしていませんでした。

 

パズドラにハマった理由の一つは、”パズルゲームとして成立していたから”が大きいと思います。

ドロップは時間内であれば動かし続けられるため、画面内にある3つ以上並べられるドロップをすべて同時に消すことも可能、というちゃんと頭を使うパズルゲームとして成立していました。

 

もうひとつの理由は、キャラクターのイラストが万人にウケるようなかっこかわいい感じだったのもあると思います。

ここまで人気が出た理由がやってみて初めてわかった気がしました。

パズル&ドラゴンズ

パズル&ドラゴンズ
無料
posted with アプリーチ

 

二度にわたるクラッシュ・オブ・クラン

 

いまではCMで宣伝されれているなどかなり有名なアプリになりましたが、まだ流行る前に一度ダウンロードした時は数日で消してしまいました。

建物を造る時やアクションを起こす時に”時間を待たないといけない”ゲームだったのと、当時おそらくまだ日本語版はなかった(?)からだと思います。

アプリのアイコンがおっさんだったので、正直ここまで流行るとは思っていませんでした笑

 

それから数カ月、数年経ち、アプリの人気が出始め、日本語にローカライズもされ、CMでも目にするようになり、「面白くなる前にやめてしまったのかな!?」と自問自答するかのようにもう一度アプリをダウンロードしてみることにしました。

「今度は待つのもしばらく耐えてやってみよう!」と一週間くらい粘ってみました。

 

・・・が、やはりどうしても”待つ”ことができず結局やらなくなってしまいました。

クラッシュオブクランには”人には向き不向きがあるのだよ”ということを教えてもらいました。

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)
開発元:Supercell
無料
posted with アプリーチ

 

期待の高かった白猫プロジェクト

 

アプリのキャプチャー画像を見た時に、「これはアクション要素あるんじゃ!?」と期待をかけてダウンロードしたものの、ハードルを上げたせいかステージ1の時点で「なんか違うな」と思い数分でやらなくなりました。

CMで放映されても二度目をダウンロードする気も起きませんでした。

 

映画の予告編が面白そうだと本編はつまらない”の法則でしょうか。

白猫プロジェクト

白猫プロジェクト
開発元:COLOPL, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

これはハマったサマナーズウォー

 

サマナーズウォーにもゲーム性がありました。

モンスターを引き連れて敵と戦うバトルゲームですが、ストーリーモードにはソーシャル感がないので一つのゲームとして楽しめました。

モンスターを合成や進化させるのも楽しいですし、どのモンスターが強いか比べるのも楽しいので長い時間遊べました。

 

途中から無課金ではかなり厳しくなるのでその時点でやる機会も少なくなってしまいましたが、それでもかなりの期間遊べました!

サマナーズウォー: Sky Arena

サマナーズウォー: Sky Arena
開発元:Com2uS Corp.
無料
posted with アプリーチ

 

これもハマったソウルシーカー

 

サマナーズウォーと同じ製作会社のCom2uSが作ったアクションRPGゲームです。

基本的なシステムはサマナーズウォーとさほど変わらないのですが、サマナーズウォーが”RPG”だとするとソウルシーカーは”アクションRPG”です。こちらもストーリーモードにはソーシャル感はほとんどありません。

 

グラフィックも綺麗で必殺技のアクションなども美しく、普通のゲームとしてでもやっていけそうな感じです。合成や進化がやりやすく、割と簡単に星の多いキャラクターをゲットできるのもハマるポイントだと思います。課金しなくても強いパーティーを組めるのがハマる最大の要因かもしれません。

 

一番の難点はアプリの容量がバカでかいこと・・・。それさえなければいつまでもいれておきたいアプリなのですが・・・笑

ソウルシーカー

ソウルシーカー
開発元:Com2uS Corp.
無料
posted with アプリーチ

 

まとめ

 

継続して人気の出るソシャゲはやはり”ゲーム性”があるんだなと感じました。

ソシャゲだからといって、やってみないとなにが面白くてなにがつまらないかなんてわかりませんもんね。

ソシャゲ嫌いの人も食わず嫌いにはならずに一度遊んでから判断してみてもいいかもしれませんね。もしかしたらハマってしまうかもしれませんよ。

美人は三日で飽きる”の逆ですよ!

まぁそれでもカードゲームのソシャゲはやりませんけどね!笑

 

スポンサードリンク

PAGE TOP