PCユーザーはみんな遊んだよね!究極の暇つぶしカードゲーム「Solitaire!+」

誰もが遊んだカードゲーム

 

Windowsのパソコンを使ったことのある人なら一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。

一つは「マインスイーパー」、そしてもう一つは「ソリティア(クロンダイク)」ですよね。

トランプのゲームというとみんなでワイワイ遊ぶものが多いですが、ソリティアは一人で遊べるのでちょっとした暇つぶしに最適でした。

 

そして今回ご紹介するのがiPhoneでもソリティアを遊べるアプリ「Solitaire!+」です。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

Solitaire!+

Solitaire!+
開発元:Wells Fargo
無料
posted with アプリーチ

 

シンプルでおしゃれなソリティア

まず印象的なのが、グラフィックの綺麗さ、キャラクターのおしゃれさ、気持ちのいい操作感です。

Solitaire!+

 

アプリの内容は本当にシンプルで、ソリティアのゲームをひたすら遊ぶだけです。

変にストーリーがついていたり、余計なゲーム性が追加されているわけではありません。

ただただソリティアを繰り返すだけのゲームです。

 

 

ただし、ちょっとしたお助け機能はついています。

Solitaire!+

 

画面下部に並んでいる右から二番目のボタンを押すと、好きな列の隠れているカードを一時的に見ることができます。

若い数字が奥の方に隠れていると大変ですからね。2枚の同じ数字で開けられる列が出てきた時に迷ったら使えそうですね。

 

 

他にもヒント機能なるものがあります。

Solitaire!+

 

画面下部の真ん中のボタンを押すと、動かせるカードを教えてくれます。

あまり使う場面もありませんが、どうしようもなくなったら使ってみるのもアリかもしれませんね。

 

 

お助け機能を使うには回数制限があります。

Solitaire!+

 

前出の「隠れたカード列を覗く機能」や、カードの移動などで間違えた時に使える「一段階戻る機能」を使うと赤丸で表示されている数字が消費されていきます。

消費数はそれぞれ、カード列の隠れているカード枚数分消費一段階戻るたびに「1」消費されます。

 

この回数制限は1ゲームあたりの数字ではないので、1ゲーム終わっても数字がリセットされることはありません。

ただし、遊んでいるうちに数字は回復していくのでバンバン使っても問題はありません。

 

それに、「ヒント機能」は何回でも使えます。

 

 

この「Solitaire!+」はデフォルトの設定では「手持ちのカードを開ける枚数が1枚ずつ」、「空いているスペースにどの数字でも置ける」ようになっています。

ものすごく簡単設定になっているので、ソリティアフリークの方々には生ぬるいと感じられるでしょう。

しかし、ちゃんと設定で変更できるのでご安心を!

Solitaire!+

 

Draw 3 cards」をオンにすれば手持ちのカードを3枚ずつ開けることができます。

Only accept K in free deck」をオンにすれば空いているスペースにキングのカードだけしか置けなくなります。

 

Solitaire!+

△手持ちは3枚、空きスペースにはキングのみ

 

これでいつものソリティアとして遊べますね!

 

ものすごーくシンプルなソリティアアプリですが、暇つぶしにはもってこいです。

カードもなんだかオシャレなので遊んでいるだけで一目置かれるかも・・・!?笑

電車内で他人に覗かれても安心な「Solitaire!+」でした!いやん

 

まとめ

Windowsのパソコンに最初から入っているソリティアですが、パソコンを使った授業中や仕事中には必ず隠れてソリティアを遊んでいる人がいましたよね。

決して表立った「面白いなぁ」という感情はないのですが、なぜか遊ぶと熱中してしまうんですよね。

そういう意味でもソリティアは”究極の暇つぶしゲーム”なのかもしれません。

一体こんなゲーム誰が考えたんでしょう・・・笑

Solitaire!+

Solitaire!+
開発元:Wells Fargo
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク

PAGE TOP