『iPhoneを探す』を実際使うとどうなるか検証!

2015年7月30日

iPhoneを探す

 

iPhoneやiPadをうっかりどこかに置き忘れたり落として紛失してしまった時など、慌ててパニックになったり絶望感に襲われたりすることでしょう。誰しも自分や他人の個人情報が入っているものですから迷惑をかけてしまう場合もあるわけです。

 

でも安心してください。『iPhoneを探す』というアプリを使えば、現在iPhone(以下iPadも含む)がある場所がすぐにわかることができます。

 

今回は『iPhoneを探す』の使い方をご紹介いたします。

iPhoneを探す

iPhoneを探す
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

設定等の確認

 

紛失したiPhoneが以下の条件下にあることが必要です。「iPhoneを見つけるための条件」を確認しておきましょう。

 

  • 紛失したiPhoneが電波(3G 4G Wi-Fiなど)に繋がっている

電波の届かない場所にある場合は見つけることができません。

  • 紛失したiPhoneが「iPhoneを探す」に設定されている

「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」→オン

※同じ箇所の「最後の位置情報を送信」をオンにしておけば、電池が切れた瞬間の位置情報を記録しておいてくれるので是非ともオンにしておきましょう。(iOS8)

  • 紛失したiPhoneの「位置情報サービス」がオンになっている

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→オン

 

『iPhoneを探す』の使い方

 

他のiOSデバイスから『iPhoneを探す』アプリをダウンロードします。

iPhoneを探す1

アプリを開くとApple IDの入力を求められるので、紛失したiPhoneのIDとパスワードを入力します。

iPhoneを探す2

紛失したiPhoneをクリックすれば、iPhoneの位置を表示したマップが開きます。

iPhoneを探す2

「アクション」をクリックすれば3つの操作を行うことができます。

 

  • サウンド再生

サウンドが最大音量で2分間鳴ります。(ボリュームがオフになっていても大丈夫)

  • 紛失モード

電話番号やメッセージを表示してくれる設定にでき、失くしたiPhoneを拾ってくれた人が連絡しやすくなります。

  • iPhoneを消去

完全にiPhoneのデータを消去します。消去と同時に紛失モードのように番号やメッセージを表示させることができますが、「iPhoneを探す」機能も使えなくなるのでご注意を。

 

iOSデバイスが無い場合は、パソコンでiCloud.comにアクセスいただいてもiPhoneを探すことが可能です。

 

まとめ

 

あくまでも「最後の手段」ですので失くさないように心掛けるのが一番だと思います。最近のスマホ(特にiPhone)は高いですから機種変してしまうと出費が高くつきますよね。『iPhoneを探す』で見つかったら感慨深いものがあるでしょうね。

iPhoneを探す

iPhoneを探す
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク