『触手を売る店』-廃墟の底で触手を育てる放置系育成ゲーム

触手を売る店

 

どうも、おにくちゃんです。

 

今回ご紹介する『触手を売る店』は不思議な湖で触手を育てる放置系育成ゲームです。触手を育てて収穫したり、合成しながら薬屋の店主に納品していきます。妖しいアジアンテイストな世界観に引き込まれますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

触手を売る店

触手を売る店
開発元:Haruka Ishikawa
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

ゲーム概要

 

『触手を売る店』は廃墟の底の湖が舞台の放置系育成ゲームです。

触手を売る店1

 

このゲームでは触手を育てて収穫し、触手図鑑の完成や子供たちの物語を解放することを目指します。触手は自然に生えて成長するので放置で楽しむことができますが、触手を様々な組み合わせで合成させる楽しみもあります。妖しげで不思議な世界観を堪能してみましょう!

 

遊び方

 

遊び方は簡単です。

触手を売る店2

 

廃墟の底の湖が主な舞台となっていて、この湖には触手が生えてきます。触手は時間経過で生えたり成長し、成長した触手は収穫することができます。触手は成長するまで放置する必要がありますが、動画広告を視聴して成長スピードを速めることも可能です。

 

 

成長した触手は収穫できます。

触手を売る店3

 

成長した触手をタップすると収穫ができ、収穫すると触手が所有物になったり、図鑑に登録されます。触手によって属性やレア度が異なるので、全ての触手を集めて図鑑を完成させることを目指してみましょう。図鑑からは触手の説明を読むこともできますよ!

 

 

合成もできます。

触手を売る店4

 

収穫した触手を成長しきる前の触手に食わせて合成させることもできます。合成をすることで、より希少な触手に変化させることが可能になります。触手には食い合わせもあり、属性が黒同士だと黒になり、白同士だと白、黒と白だとどちらかになります。また、黒白を食べさせるとレアになる可能性があり、黒白同士なら確実にレアになります。

 

ただし、成長しきる前の幼生のうちは属性がわからないので、最初は賭けで合成していくことになります。また、同じ種族同士では合成できなかったり、食い合わせ後にできる触手も食べないので注意しましょう。

 

 

収穫した触手を売ることもできます。

触手を売る店5

 

薬屋の店主のもとへ行くと、触手を売って「霊酒」と交換してもらうこともできます。霊酒は式神を買ったり、御神木様を成長させるのに必要になります。触手は合成するのにも必要なため、合成に必要な触手はとっておき、不要な触手は売ってしまいましょう。

 

 

式神を買うこともできます。

触手を売る店6

 

触手と交換した霊酒を使うと式神を買うこともできます。購入した式神は召喚することができ、召喚をすると土くれ人形の手引によって外に出た子供たちの物語が解放されます。奇妙な都市で巻き起こる不思議な物語を見守ることができますよ!

 

 

霊酒は御神木様を成長させるのにも使えます。

触手を売る店7

 

湖の端にいる御神木様をタップすると持っている霊酒を与えることができます。霊酒を与えるとゲージが溜まっていき、ゲージが満タンになるとレベルが上がります。御神木様を成長させていけば、湖に現れる触手の数が増えたり、成長スピードが上がります。効率的に触手を集めたい場合は積極的に御神木様を成長させていきましょう!

 

まとめ

 

不思議な湖で触手を育てたり収穫して楽しめる放置系育成ゲームでした。触手の育成は放置するだけで簡単な上に、様々な組み合わせで触手を合成させる楽しさが味わえます。いろんな組み合わせを試して図鑑をコンプリートすることを目指したいですね。アジアンテイストで幻想的・怪奇的な雰囲気が好きな人にオススメです!

触手を売る店

触手を売る店
開発元:Haruka Ishikawa
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク