『キョリ測』-ランニング時などに便利な距離測定アプリ

何キロ走ったか

 

どうも、脚の長さを測定したら死にたくなるおにくちゃんです。

 

ランニングした時にどのくらい走ったかを測定したくはなりませんか?

最近のアプリではランニング時にスマホを持っていけば距離やスピードなどのデータを測定できるものはたくさんあります。ただしスマホを持って行かなければ測定できませんし、ランニング時はなるべく何も持たずに走りたいという人も多いでしょう。

 

そんな時に使えるのがこちらの『キョリ測』というアプリです。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

キョリ測

キョリ測
無料
posted with アプリーチ

 

こちらのアプリを使えば簡単に距離を測定できてしまうんです。

スポンサードリンク

 

アプリ概要

使い方

 

『キョリ測』の使い方はとっても簡単で地図上にポイントを打っていくだけです。

キョリ測1

 

 

例えば、駅と駅の間の距離を測りたい時。

キョリ測2

キョリ測3

 

上の画像のように地図上にポイントをタップで打っていくだけで自動的に距離を算出してくれます。地図上をタップしていくだけでもいいですし、真ん中に固定された「+」に地図を合わせて、下のメニューにある「+」ボタンを押していってもポイントを打つことができます。

地図上にポイントをタップで打っていった方がはるかにやりやすいです。

 

タップする位置を間違えたり修正したい時は下のメニューにある「1つ戻す」ボタンを押せば1段階戻すことができます。すべてのポイントを消したい場合は「削除」ボタンで全消しできます。

 

地図を拡大すれば住宅街などの細かい道も測定できます。

キョリ測4

 

 

 

他にも、周回コースを測定したい時にも便利です。

キョリ測5

 

こういう風にポイントを何度も打つことにより曲線の道も測定することができます。ただし、何度も打たないといけないので多少面倒くさいですよね。

 

そういう時は設定を「なぞる」モードにしてみましょう。

キョリ測6

キョリ測7

 

画面右上にある「設定」ボタンを押し、「表示設定」タブにある「なぞる」モードに切り替えれば、地図上に指で線を引くようにして距離を測定することができます。

使い方は下のメニューにある「なぞる」モードボタンを押してから地図上に線を引きます。これを使えば直線だろうが曲線だろうが素早く引くことができます。ただし、一度画面から指を離してしまうと「なぞる」モードが終了してしまうので、一発で書ききるか、再び「なぞる」モードボタンを押して途中から書き直しましょう。

 

ちなみに「なぞる」モードにしていても地図上をタップすればポイントを置くことができるので、常に「なぞる」モードにしていてもいいかもしれませんね。

 

 

ポイントを置いていけば画面上部のステータスに距離や消費カロリーも表示されます。

キョリ測8

 

左から、総距離と移動にかかる時間、カロリー換算された食べ物と消費カロリーの目安を確認することができます。距離と所要時間がわかるので目的地までどのくらいかかるかがわかって便利ですね!

 

人によって歩くスピードも消費カロリーも違うので設定から変えることもできます。

キョリ測9

 

「設定」ボタンを押し、「計測設定」タブの「移動方法の選択」や「消費カロリーの設定」から変更が可能です。ご自身の歩くスピードや走るスピードを設定すれば所要時間に反映されますし、性別や年齢などのプロフィールを設定すれば消費カロリーに反映されます。

カロリー単位の食べ物を設定すればダイエット時に活躍するかもしれませんね!

 

まとめ

 

以上、距離測定アプリ『キョリ測』のご紹介でした。

非常に使いやすく距離を測定するならもってこいのアプリです。このアプリを使えば詳細な道の距離や直線距離なんかも測定出来て、いろんな場面で使うことができそうです。特にランニング時やサイクリングをした時に大活躍です!

キョリ測

キョリ測
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク

PAGE TOP