ワニのパーティーゲームアプリ『どこでもパニック!』が懐かしい!

どこでもパニック!

 

どうも、いつでもパニックおにくちゃんです。

 

ワニに噛まれたことはありますか?

昔、ワニの歯を押して遊ぶパーティーゲームが流行りましたね。複数人のプレイヤーで遊び、各プレイヤーが順番にワニの歯を押していきます。当たりの歯を押せば何事もなく終わりますが、ハズレの歯を押してしまうとワニの口が閉じて痛い思いをするゲームでした。

 

その懐かしさを再び味わってみませんか?

今回ご紹介する『どこでもパニック!』はワニのパーティーゲームです。スマホでも懐かしのパニック系パーティーゲームで遊ぶことができます。一人でも複数人でも楽しむことができますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

どこでもパニック!

どこでもパニック!
開発元:Tomoki Ikeda
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

ゲーム概要

 

『どこでもパニック!』はワニのパーティーゲームです。

どこでもパニック!1

 

このゲームではワニのパニック系パーティーゲームで遊ぶことができます。90年代頃に子ども時代を過ごした人にとっては懐かしいと感じる人も多いのではないでしょうか。一人でも複数人とでも遊べるので、家で一人で遊ぶのも良し、合コンやパーティーなどでみんなと一緒に盛り上がることもできますよ!

 

遊べるモードは「みんなでパニック」と「ひとりでパニック」の2つです。モードで遊ぶにはコインを1枚消費する必要がありますが、ゲームで遊んだり動画広告を視聴することで貯めることもできますよ!

 

みんなでパニック

 

「みんなでパニック」は複数人で遊べるモードです。

どこでもパニック!2

 

「みんなでパニック」モードは昔に流行ったワニの玩具と同じような遊び方で楽しめます。プレイヤー数は歯の本数と同じくらいの人数でも遊べますが、大体2~4人くらいがちょうどいいでしょう。

 

遊び方は簡単で、各プレイヤーが順番に歯を押して抜いていけばいいだけです。当たりの歯の場合は虫歯になっているのでワニが怒ることはありません。当たりの歯を抜けた場合は次のプレイヤーの順番となります。

 

 

ハズレの歯を引いてしまった人は負けです。

どこでもパニック!3

 

虫歯ではない歯を抜いてしまうとワニが怒って噛みついてきます。健康な歯はハズレを意味しているので、その歯を抜いてしまったプレイヤーが負けということになります。ハズレの歯を引いた瞬間にワニが何度も噛みついてくる上に、スマホのバイブも連続で振動するので結構ビックリします。

 

遊び方はたったこれだけです!

 

ひとりでパニック

 

「ひとりでパニック」は一人用のモードです。

どこでもパニック!4

 

「ひとりでパニック」モードは「みんなでパニック」モードと遊び方が異なり、光った歯の順番を覚えるゲームになっています。12本の歯のいずれかがランダムに何度か光っていくので、光った順番を覚えておきます。歯が光り終えたら、覚えた順番通りに歯を押していけばいいだけです。

 

光った順番通りに正確に歯を押すことができるとコインが1枚回復します。押す順番を間違ってしまうとゲームオーバーになってコインを1枚消費することになりますが、コインを1枚も所持していない状態でもプレイ可能なので、そこまで肩を張る必要はありません。どうしてもクリアできない場合は動画広告を視聴してコインを回復させることもできますよ!

 

 

サメに切り替えることもできます。

どこでもパニック!5

 

ワニをサメバージョンに切り替えることも可能です。サメバージョンになっても「みんなでパニック」と「ひとりでパニック」の2つのモードを楽しむことができますよ!

 

まとめ

 

懐かしのパニック系パーティーゲームでした。

実物の玩具で遊んでことがありますが、これって結構怖いんですよね。ワニに噛まれる恐怖と、いきなり動かれる恐怖にビビっていたのを思い出しました。最初は「ワニワニパニックだ、懐かしい!」と思っていましたが、ワニワニパニックはもぐらたたき形式のゲームですし、「ブルドッグのやつだっけ?」と考え直したら骨を取るゲームでした。記憶は交錯しやすいですね。

どこでもパニック!

どこでもパニック!
開発元:Tomoki Ikeda
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク