すぐ読める!無料のおすすめチャット小説アプリ3選

2018年6月8日

チャット小説アプリ

 

どうも、おにくちゃんです。

 

チャット小説とはLINEやメッセージアプリのUIに似せて作られた小説のことです。メッセージが発信されてきたような感覚で読めるので、まるで本当に誰かとやり取りをしているような体験ができます。スマホならではの次世代小説と言えますね。

 

そんなチャット小説を読んでみましょう。チャット小説には恋愛ものやホラーものなど、様々なジャンルの物語があります。読むのに時間もそれほど掛からないので、少し空いた時間をつぶしたい時にも最適ですよ!

 

そこで今回は無料のおすすめチャット小説アプリをご紹介いたします。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

スポンサーリンク

 

TELLER

 

恋愛とホラーが楽しめるチャット小説アプリです。

TELLER

 

このアプリは恋愛とホラー作品が読めるチャット小説アプリです。「恋愛」カテゴリや「ホラー」カテゴリ、「一般ランキング」や「今日のオススメ」などから読みたい作品を探すことができます。作品の読み方は簡単で、画面をタップしてストーリーを進めればいいだけです。シリーズものや単発の作品もありますよ!

 

恋愛とホラー作品が楽しめます。アプリのデザインがとてもシンプルで、気になる作品をすぐに読むことができます。一般投稿の作品を読むことができたり、自分で作品を書くこともできるのでオリジナリティ溢れる作品に出会えます。短時間で読めるのも嬉しいですね!

恋愛とホラー作品を楽しみたい人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • 恋愛とホラーを読みたい人
  • 一般作品も読みたい人
  • 自分で作品を書きたい人

こんな人には向かない

  • 特になし

TELLER(テラー)−ホラーや恋愛ストーリーのチャット小説

TELLER(テラー)−ホラーや恋愛ストーリーのチャット小説
開発元:PicApp Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

peep

 

様々なジャンルが読めるチャット小説アプリです。

peep

 

このアプリは様々なジャンルの作品が収録されているチャット小説アプリです。「恋愛」「ホラー/スリラー」「ミステリー」など、多ジャンルの作品が収録されています。作品の読み方は画面をタップするだけです。タップすると「peep」という単位が減っていき、すべてなくなると時間で回復するまで待つ必要があります。

 

本格的な作品が楽しめます。このアプリでは手軽に一般投稿できる機能がないので、作品はある程度しっかりとしたものが多いです。また、作品ごとにユーザーからのコメントを見ることもできるので作品を読む前に参考にするのも良いかもしれませんね!

本格的な作品を読みたい人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • 多ジャンルの作品を読みたい人
  • 本格的な作品を読みたい人

こんな人には向かない

  • 無料で制限なく読みたい人

peep(ピープ)

peep(ピープ)
開発元:Taskey Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

CHAT NOVEL

 

いろんなジャンルが読めるチャット小説アプリです。

CHAT NOVEL

 

このアプリはいろんなジャンルの小説が読めるチャット小説アプリです。恋愛ものやホラーもだけでなく、SFやサスペンスといった作品も収録されています。「おすすめ」や「新着」、各カテゴリから気になる作品を選んで読んでいきます。作品はタップで読み進めることができますよ!

 

いろんなカテゴリの小説が楽しめます。恋愛やホラーだけでなく、ファンタジー作品や感動系、SF、コメディなど、いろんなジャンルの作品が収録されているので幅広い層が楽しめます。小説を自分で書くこともできますよ!

多ジャンルの作品を読みたい人にオススメです!

こんな人にオススメ

  • 多ジャンルの作品を読みたい人
  • 一般作品も読みたい人
  • 自分で作品を書きたい人

こんな人には向かない

  • 無料で制限なく読みたい人

CHAT NOVEL - 新感覚チャットノベル

CHAT NOVEL – 新感覚チャットノベル
開発元:PicApp Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

まとめ

 

臨場感あふれるチャット小説アプリでした。内容は情景描写が少なく、セリフの多い小説ですが、セリフが中心でも頭の中で想像して楽しむことができます。作品に没頭するほど登場人物になりきってしまい、いつのまにか自分が小説の中に入っているような感覚を味わえます。短時間で没頭できるという点も嬉しいですね!

スポンサーリンク