『レベルス(Levels)』-中毒性の高い数字パズルゲームアプリ

ちょこっとRPG風

 

どうも、数字を見ると現実逃避を始めるおにくちゃんです。

 

数字を使ったパズルゲームは数多くあります。

数字を足したりくっつけたり、四則演算をおこなうものなど世界中のパズル好きをうならせています。同じ数字同士をくっつけて数を増やしていくパズルはいままでにも多々ありましたが、そんなパズルゲームにちょこっとだけRPG風な要素が付け加わったゲームがあります。それがこの『レベルス』です。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

中毒パズル レベルス [Levels]

中毒パズル レベルス [Levels]
開発元:Shumpei Hayashi
無料
posted with アプリーチ
スポンサードリンク

 

ゲーム概要

ルールと遊び方

 

『レベルス』のルールはとっても簡単です。

同じ数字同士のパネルを組み合わせて大きい数字にしていくだけです。

レベルス1

△ゲーム画面

 

ただし、同じ数字だからといってすべてくっつけられるというわけではなく、同じ色&数字のカードが隣同士に並んでいればくっつけることができます。

 

例えば、青色の「1」と「1」が隣り合っていれば、くっつけて「2」のカードが誕生します。

レベルス2

レベルス3

 

同じように、青色の「2」と「2」が隣同士にあれば、くっつけて「3」にすることができます。

レベルス4

レベルス5

 

黄色いカードも同じ数字同士をくっつければ大きい数字へと増えていきます。

レベルス6

 

ただし、赤いカード同士はくっつけることはできません

 


 

ここまではよくあるパズルゲームですが、ここからがちょこっとRPGの要素を含んだゲームシステムになってきます。まず、色のついたカードのおおまかな説明ですが、青いカードは「戦士」黄色いカードは「お金」赤いカードは「モンスター」となっています。

基本的には青いカードがメインとなるカードで、青いカードを中心に他の色のカードとの関係性ができています。

 

  • 青と黄色の関係性

まず、黄色いカードはお金なので、戦士はそのお金を獲得しにいくことができます。

レベルス7

 

ただし注意点として、黄色いカードの数字と同じかそれ以上の数字を持った青いカードでないと獲得できない、ということです。例えば、青の「3」黄色の「3」でも「2」でも獲得することができますが、黄色の「4」の場合は青の数字よりも大きいので獲得することはできません。

黄色のカードは数字を増やせば増やすほど獲得金額も増えていくのでなるべく大きい数字にしておきたいところですが、大きくなりすぎると獲得しづらくなるというのも頭に入れておかなければなりません。

 

  • 青と赤の関係性

赤は「モンスター」というわけで、青の「戦士」は倒しに行くことができます(モンスターから攻撃されることはありません)。

レベルス8

 

こちらも赤いカードと同じかそれ以上の数字を持った青いカードならモンスターを倒すことができます。赤いカード(モンスター)を倒すとその場で消滅し、新しいカードが別に入ってきます。

 

 

こうしてお金を獲得したり敵を倒していると徐々に数字が大きくなっていき、合う数字がなくなってきます。敵のレベルも徐々に上がっていくので倒すのにも一苦労です。

レベルス9

△レベル6のモンスターを倒すのも大変…

 

ゲームが進めば進むほど組み合わせられるカードがなくなっていき、やがては手詰まり…。

レベルス10

 

組み合わせられるカードが無くなるとゲームオーバーです。

 

カミナリ石を持っていれば、より長くゲームを続けられるかもしれませんよ~!

レベルス11

 

カミナリ石は黄色いカードを「5」にしたり、課金で購入したりして手に入れることができます。

 

ゲームオーバーになっても「なにくそー」と思って何度でも遊んでしまう中毒性を持っています!

 

まとめ

 

ちょっとしたRPG要素ですが、これがあるとないとじゃ大きくゲーム性も変わってきそうですね。モンスターや戦士の絵柄が描かれていることで子どもにも楽しめるパズルゲームになっています。脳トレにもなりますし子どもから大人まで頭を使って遊べますね!

中毒パズル レベルス [Levels]

中毒パズル レベルス [Levels]
開発元:Shumpei Hayashi
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサードリンク

PAGE TOP