子どもにも人気!おすすめの迷路ゲームアプリ6選

迷子のお知らせ

 

どうも、迷子の迷子のおにくちゃんです。

 

たまーに遊園地やレジャー施設に迷路のアトラクションがあることがありますよね。

上空や外側から見ると「こんなちっこい迷路、誰が楽しむんだよ」と子どもながらに規模の小ささに侮っていましたが、いざ入ってみると同じような景色が続き、抜け出せるかわからない不安に襲われ、終いには泣き出す…というあったかどうかはわからない話ですが、きっと広大な砂漠に置いていかれるのと同じ気持ちなのでしょう(絶対違う)!

そんな実は怖い(こわくない)迷路のゲームがあったら面白そうですよね。

 

そこで今回はおすすめ迷路ゲームアプリをご紹介いたします。

無料・有料混ざっていますのでご注意を!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

スポンサードリンク

 

Mazy

 

スワイプで遊べる迷路ゲームです。

Mazy

 

シンプルな2Dの迷路ゲームでスワイプだけで遊ぶことができます。

遊び方は簡単で行きたい方向に画面をスワイプするだけです。スワイプすると矢印が自動で次の曲がり角(行き先が複数ある箇所)まで動いてくれます。動いた経路は緑の線で表してくれる(オプションでなしにもできる)ので、どこを通ってどこを通ってないかが一目でわかります。迷路のサイズは「Small」、「Medium」、「Large」、「Huge」と4種類あって、最大サイズの「Huge」はiPhoneの画面いっぱいに迷路がぎっしり詰まっています。

 

迷路自体は誰でも紙に書いて作れそうなシンプルなものですが、遊びやすさが特に際立っている迷路ゲームです。スワイプ一つで迷路を進められたり、ユーザーによって難易度をオプションで変えられるので色々な人に向いている迷路ゲームとも言えます。自分が通った道を非表示にすれば迷うことは間違いありません笑。

こんな人にオススメ

  • 老若男女
  • シンプルな迷路ゲームで遊びたい人
  • 迷いたい人

こんな人には向かない

  • シンプルすぎるゲームが苦手な人

Mazy : Swipe to solve mazes

Mazy : Swipe to solve mazes
無料
posted with アプリーチ

 

迷路の王

 

ステージ制の迷路ゲームです。

迷路の王

 

ステージクリア型の2D迷路ゲームです。

操作はスワイプか十字ボタンを使ってテントウムシを動かします。テントウムシがゴールまでたどり着けるとステージクリアです。こちらもスワイプ(十字ボタン)するとテントウムシが自動で次の曲がり角(行き先が複数ある箇所)まで動いてくれます。ただし通った道が表示されないので迷子になる確率が格段と増えます。

ゲームモードは「ステージモード」、「タイムモード」、「ダークモード」、「マルチプレイモード」の4つです。「ダークモード」ではテントウムシの周りしか灯りが照らされておらず、迷路の全容を見ることができません。各ステージでは3つの電球アイテム(指定したポイントを明るくできる)と雷アイテム(全体を一時的に明るくできる)が使えます。しかし移動回数に制限があるため迷っている余裕はありません。

 

世界観はとても可愛らしい感じですがゲーム内容は結構骨太なものとなっています。特に「ダークモード」は全体が暗い上に移動回数制限もあるのでなかなか難しくなっています。子どもでももちろん楽しめますが、案外大人がハマってしまいそうな魅力のある迷路ゲームです。

こんな人にオススメ

  • 大人
  • シンプルな迷路ゲームで遊びたい人
  • 難しめの迷路ゲームで遊びたい人
  • 迷いたい人

こんな人には向かない

  • 虫嫌いな人

迷路の王

迷路の王
開発元:MOBIRIX
無料
posted with アプリーチ

 

ふつうの迷路

 

普通(?)の迷路ゲームです。

ふつうの迷路

 

真上から見た迷路のゴールを目指すゲームです。

ステージ制になっていてそれぞれ時間制限が設けられています。キャラクターの動かし方は画面を長押ししたまま動かしたい方向に指をスライドさせることで動いてくれます。ただ独特な操作感なゆえ、動かすのに慣れが必要となってくるでしょう(最初は操作性でイライラすることも)。

タイトルでは「ふつう」と言っていますが、大きいステージがスライドして道がわかりづらくなっていたり、鍵のギミックが出てくるなど面白い要素が含まれています。制限時間も伴って難易度もなかなか高めです。

 

操作性だけが気になるポイントではありますが、ポジティブに捉えればその操作性と制限時間が焦りを生んでハラハラドキドキできるとも言えます。モンスターに襲われている時に足場がぬかるんでいると焦りますもんね?(違うか笑)

ふつうと書いてあるけど普通ではないやり応えのある迷路ゲームです。

こんな人にオススメ

  • シンプルな迷路ゲームで遊びたい人
  • 操作性もポジティブに捉えられる人
  • 迷いたい人

こんな人には向かない

  • 操作性を気にする人

ふつうの迷路-定番のパズルゲーム!

ふつうの迷路-定番のパズルゲーム!
開発元:BAIBAI, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

だんごむしコロコロ

 

だんごむしの迷路ゲームです。

だんごむしコロコロ

 

このゲームはまずだんごむしを捕まえるところから始まります。

まずは「ひみつのにわ」か「おもちゃのくに」にいるだんごむしを捕まえにいきます。捕まえ方はだんごむしをタップするとまるまるので、その状態でカップにドラッグ&ドロップしてあげると捕まえることができます。捕まえるのは1匹でもいいですし複数引きでも構いません。その捕まえただんごむしを使って迷路に挑みます。

迷路ステージではスマホを傾けてだんごむしを動かします。落ちてはいけない穴や水場があるので落ちないようにゴールまで誘導してあげましょう。捕まえただんごむしは1匹ずつ迷路に出すこともできますし、一度に複数匹のだんごむしを出すこともできます。

 

これは5歳くらいの子どもが楽しく遊べる迷路ゲームです。迷路ステージでは様々なアトラクション風の仕掛けが楽しめるので子どもには大喜びでしょう。だんごむしをコロコロ転がしていた子ども時代を思い出させます!

こんな人にオススメ

  • 子ども

こんな人には向かない

  • 大人

だんごむしコロコロ - ダンゴムシをつかまえて迷路で遊ぼう!

だんごむしコロコロ – ダンゴムシをつかまえて迷路で遊ぼう!
開発元:Spoke Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

ScrollMaze

 

スマホを傾けて遊ぶ迷路ゲームです。

ScrollMaze

 

真上から見た迷路のゴールをスマホを傾けて目指します。

ステージ制でボールを操作してゴールにたどり着けるとクリアです。迷路はiPhoneの画面におさまりきらないくらい大きいので最初はゴールがどこにあるかすらわかりません。行ったり来たりしながら手探りで探していく楽しみがあります。ボールが動くスピードは3種類から設定することができます。最速にしてもスマホの傾きを調整することで思い通りにコントロールすることができます。

難易度が上がってくるとボールのバウンド率が変わったり重力変化が起こったりして思うような操作ができなくなります。クリアスピードを求めている人にとってはやり応えがあるかと思います。

こんな人にオススメ

  • 傾けて操作したい人
  • ゴールの見えない不安を感じたい人
  • 迷いたい人

こんな人には向かない

  • タップやスワイプで遊びたい人

迷路ゲーム ScrollMaze 無料ボール脱出ゲームで暇つぶし

迷路ゲーム ScrollMaze 無料ボール脱出ゲームで暇つぶし
開発元:TAKASHI TOKUDA
無料
posted with アプリーチ

 

Maze of Darkness

 

恐怖の迷路ゲームです。

Maze of Darkness

 

一般的な迷路ゲームではなく迷路を彷徨うランゲームです。

迷路の中にはモンスターがうじゃうじゃいるのでスワイプで避けていかなければなりません。左右にスワイプで道を曲がり、上下にスワイプでジャンプとしゃがみになります。暗い迷路の中を走っているとモンスターが待ち構えているのでスワイプ操作で回避していきます。モンスターがいる分には簡単に避けることができますが、壁のトラップ(道が閉ざされたり開いたり)があると結構引っかかってしまいます。階段を昇ってフロア更新を目指しましょう!

 

最初らへんのモンスターは特になんとも思いませんでしたが、階段を昇って進めていくうちにビビりだします笑。イヤホンをつけて夜に真っ暗な部屋とかでプレイしたら結構怖いと思います。怖いのが苦手な人は注意が必要です!

こんな人にオススメ

  • ランゲーム好きな人
  • 怖い系が好きな人
  • ハラハラドキドキしたい人

こんな人には向かない

  • 怖いのが苦手な人

Maze of Darkness

Maze of Darkness
開発元:doopop
無料
posted with アプリーチ

 

まとめ

 

日本のレジャー施設の迷路は割と簡単に抜け出すことができますが、世界の迷路ともなると全長〇キロともなって本気で迷ってしまうような迷路が存在するんですよね。特に人間の視界からはどこを通っても同じような景色に見えてしまうので余計脱出するのが難しくなってしまいます。せめてでもお手洗いを済ませてから挑戦した方がよさそうですね。

まぁ方向音痴の私にとっては知らない土地すべてが迷路にしか見えませんけどね…笑。

 

スポンサードリンク

PAGE TOP