『SkyLetter』-おしゃれ!空に飛行機雲を描けるメッセージアプリ

SkyLetter

 

どうも、雲一つない晴天好きなおにくちゃんです。

 

飛行機雲を見たことはありますか?

飛行機雲とはその名の通り、飛行機によって生成される線状の雲の事です。晴天の日に空を見上げると飛行機雲が残っていることがありますね。また、航空ショーなどで文字や記号を空に描くパフォーマンスもあったりします(実際はスモークですが)。

 

そんな飛行機雲を空に描いてみませんか?

今回ご紹介する『SkyLetter』は空に飛行機雲を描くことができるメッセージアプリです。好きな言葉を入力するだけでカメラで映した実際の空にメッセージを描けます。写真や動画も撮れるのでシェアもできちゃいますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

SkyLetter

SkyLetter
開発元:Kiyotaka Watanabe
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

アプリ概要

 

『SkyLetter』は空に飛行機雲を描けるメッセージアプリです。

SkyLetter1

△実際に撮影したサンプル

 

このアプリでは好きなメッセージを入力するだけで空に飛行機雲を描くことができます。飛行機雲はカメラで映した空にアニメーションで描かれていき、その様子を写真や動画で撮影することも可能です。写真や動画を誰かに送ったり、SNSなどでシェアして楽しむこともできますよ!

 

使い方

 

使い方はとても簡単です。

SkyLetter2

 

まずは空に描きたいメッセージを入力します。メッセージは画面下部に表示される英字キーボードを使って文字を入力していきます(日本語には対応していません)。一度に入力できる最大文字数は15文字までですが、メッセージを送り直すと追加で文字を空に描けたりもします(ただし、時間が経つと次第に文字は消えていきます)。

 

 

メッセージが決まったら「送る」ボタンを押しましょう。

SkyLetter3

 

「送る」ボタンを押すと「空を見上げよう」という言葉が表示されるので、そのままカメラを空(角度を上方向に)に向けてみましょう。カメラを空に向けることで現れる「GO」ボタンを押せばアニメーションが開始されます。この時、「GO」ボタンを押した時点での角度で文字が現れるので、撮影ポイントを決めてから「GO」ボタンを押すと良いでしょう。

 

 

写真や動画にすることも可能です。

SkyLetter1

 

「GO」ボタンを押すとカメラで映した空に飛行機が現れて、先ほど入力した文字を描き出すアニメーションが始まります。アニメーションをただ見ているだけでも良いですが、描かれた飛行機雲を写真や動画に残すこともできます。画面内に「写真」ボタンと「動画」ボタンが現れるので、それを押して撮影しましょう。

 

動画の場合は「動画」ボタンを長押しすることで撮影ができます。「GO」ボタンを押すとすぐにアニメーションが開始されるので、すぐに「動画」ボタンを押すか動画撮影を始めてから「GO」ボタンを押すと最初から最後までアニメーションを記録できるでしょう。

 

 

メッセージが長いと横にすると良いです。

SkyLetter4

 

メッセージが長めだと縦画面の撮影では画面内にすべて収まりきらない場合がありますが、スマホを横に持って撮影すると画面内にメッセージを綺麗に収めることができます。また、もっと多くの文章を描きたい場合は、一度スマホを下におろして(角度を下げて)から「メッセージを送り直す」ボタンを押し、再度メッセージを入力してみましょう。

 

同じ工程を繰り返すことで空に複数のメッセージを同時に表示させることができます。ただし、飛行機雲なので一定時間が経過すると徐々に消えていきます。メッセージをたくさん空に描きたい場合はなるべくお早めに!

 

まとめ

 

空に飛行機雲を描けるメッセージアプリでした。

まるで空に文字を描いている航空ショーを見ているような気分が味わえます。アニメーションで徐々に文字が描かれていくので非常におしゃれです。誰かにメッセージを送りたい時などにこのアプリで作った画像や動画を送れば感動も与えられるでしょう。実際の空で使うと雰囲気も上がりますよ!

SkyLetter

SkyLetter
開発元:Kiyotaka Watanabe
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク