無人島!ローグライクゲーム『聖剣サバイバル』の遊び方

聖剣サバイバル

 

どうも、無人島は30分が限界のおにくちゃんです。

 

無人島で生き残ることは至難の業です。

無人島では食料を自力で確保する必要がありますし、島には人間を襲う獣がいる可能性もあります。いつ来るかもわからない救助を待ちながら生き抜くのは精神的にもきついことですね。

 

そんな無人島ライフを楽しんでみませんか?

今回ご紹介する『聖剣サバイバル』は無人島で生き残ることを目指すサバイバルローグライクゲームです。無人島で食料を確保したり、戦うための武器を作りながら生き残ることを目指します。果たして何日間生き残ることができるでしょうか。

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

聖剣サバイバル

聖剣サバイバル
開発元:Takuya Fujieda
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

ゲーム概要

 

『聖剣サバイバル』は無人島で生き残ることを目指すサバイバルローグライクゲームです。

聖剣サバイバル1

 

このゲームでは記憶を失くしたまま無人島で目覚めた主人公を操作して、無人島で生き抜くことを目指します。サバイバルやクラフトの要素がありますが、素材の収集もクラフトも簡単に行えるのが特徴的です。片手操作でも気軽に楽しめますよ!

 

素材を集める

 

まずは素材を集める必要があります。

聖剣サバイバル2

 

主人公は画面を長押ししながら指をずらすことで様々な方向に移動することができます。島のあちこちに素材は落ちていて、主人公を素材の近くまで移動させるだけで自動で回収してくれます。

 

無人島はいくつか島で構成されていて、敵が出現する島や聖剣を強化できる島に分かれています。島と島を繋ぐ橋は走って移動することもできますが、橋のスタート地点らへんに出現するボタンを押せば素早く移動することも可能です。また、同じように自宅がある島に瞬間的に戻れるボタンもありますよ!

 

素材を合成(クラフト)

 

回収した素材は合成もできます。

聖剣サバイバル3

 

回収した素材は「チェスト」ボタンから確認することができ、ベースになる素材とサブになる素材を選択することで合成することも可能です。合成には「ルーレット」と「おまかせ」があり、ルーレットを選ぶとタイミングよくボタンをタップしてルーレット形式で引き継ぐ能力を決められます。

 

合成をするとベースに設定したアイテムの能力はすべて引き継がれ、サブに設定したアイテムの能力はルーレットでいくつか選ばれて引き継がれます(「おまかせ」の場合は自動で引き継ぎ)。

 

 

武器以外も作れます。

聖剣サバイバル4

 

敵との戦闘で役立つ武器以外にも、落とし穴やたき火など、役立つアイテムも合成可能です。わらや呼び寄せキノコのように回収した時点で使用可能なアイテムも存在します。

 

敵とのバトル

 

敵とのバトルはオートです。

聖剣サバイバル5

 

敵に近づくと自動で戦闘が始まります。敵にダメージを直接くらって死ぬことはありませんが、「疲れ」のゲージ(赤色)が溜まっていきます。疲れが溜まるとスタミナの減少が速くなってしまうので気を付けたいところです。スタミナが0になってしまうとゲームオーバーです。

 

敵を倒すことができると肉がドロップされ、その肉を回収するとその場でスタミナが回復します。また、アイテムの「わら」を使えば生肉を備蓄肉に変えることができ、備蓄肉にすると使いたい時に肉を食べれる(自宅で)ようになります。

 

 

このゲームでは「スタミナ」がとても重要で、放置をしているだけでもスタミナの値が減っていきます。緑色のゲージの右横に円形のゲージが付いていますが、これは食料のストック数を表しています。ここの数値が0になるとバーのゲージが減少していき、空になるとゲームオーバーになります。

 

つまり、バーのスタミナゲージが満タンだからといって安心していてはいけません。定期的に食料を食べることでスタミナの減少を抑え、より長く生き延びられるようになります。円形のゲージも気にして見ておくと良いでしょう。

 

自宅で睡眠

 

自宅で睡眠をとることも大事です。

聖剣サバイバル6

 

拠点となる島の自宅に入ると睡眠をとることができ、睡眠をとると次の日に変わります。無人島で生活をしていると時間経過で夜が訪れるのですが、夜になると「疲れ」ゲージが自動で溜まっていき、死んでしまう可能性が高まります。そうならないためにも、夜が来る前に自宅で睡眠をとって次の日の朝を迎えることが大事です。

 

睡眠をとるのにも多少のスタミナを消費します。他にも、自宅で備蓄肉を食べてスタミナを回復させておくことも可能です。余裕がある時に備蓄肉を作ってストックしておくのも良いでしょう。

 

聖剣づくり

 

聖剣の作成や強化もできます。

聖剣サバイバル7

 

聖剣はアイテムを合成することで作成することが可能です。聖剣の作成はどこでも可能ですが、聖剣の強化のみ聖剣島という島の台座でしか行うことができません。聖剣を強化していかなければレベルの上がった敵を倒すことができなくなってしまうので、積極的に聖剣を強化していきたいですね。

 

 

聖剣に説明を刻むこともできます。

聖剣サバイバル8

 

聖剣に説明を刻むこともでき、様々な言葉の中から好きなものを選んで文章っぽくすることができます。また、聖剣の名前を自由に変更することも可能です。こういった聖剣の名前や説明は後で見返すことができたり、ランキングで他のプレイヤーの情報も見れたりするのでユニークに楽しみたいですね。

 

エンディング?

 

エンディングもあるようです。

聖剣サバイバル9

 

どういう条件で出現するのかはわかりませんが、いくつかのエンディングもあるようです。エンディングを見たとしても継続してプレイは可能なので、何日間生き残れるかに挑戦してみましょう。ランキング上位を目指して頑張ってみるのも楽しいですよ!

 

まとめ

 

無人島が舞台のサバイバルローグライクゲームでした。

クラフト(合成)やバトルが簡易化されているので気軽に楽しめるのが魅力的です。食料を食べなければすぐに死んでしまうので、食料の確保と聖剣の強化を良いバランスで進行させなければなりません。一日の時間は割と短く、あまり無駄な行動をしている暇はありません。何度も遊び直して、長く生き残ることを目指したいですね!

聖剣サバイバル

聖剣サバイバル
開発元:Takuya Fujieda
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク