文字や絵を抜き出して写真に加工できるアプリ『Fontgenic』の使い方

Fontgenic

 

どうも、抜きん出て怠惰なおにくちゃんです。

 

手書きの文字や絵を抜き出してみませんか?

手書きの文字や絵を写真に加工できたら楽しそうですよね。しかし、余分な背景を切り抜いたり、画像を合成するとなると作業的には結構大変です。それが手軽にできたら良いですよね。

 

そんな時はこのアプリを使ってみましょう。

今回ご紹介する『Fontgenic』は文字や絵を抜き出して写真に加工できるアプリです。基本的な使い方は簡単でカメラで手書きの文字や絵を撮影するだけ!難しい作業なく、誰でも手軽に加工ができちゃいますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。

Fontgenic - おしゃれで映える写真を簡単に作ろう!

Fontgenic – おしゃれで映える写真を簡単に作ろう!
開発元:FUJIFILM Corporation
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

アプリ概要

 

『Fontgenic』は文字や絵を抜き出して写真に加工できるアプリです。

Fontgenic1

 

このアプリでは手書きの文字やイラスト(手書きじゃなくてもOK)をカメラで撮影して抜き出し、写真に加工することができます。基本的にはカメラで撮影するだけで綺麗に文字や絵を抽出してくれるので、難しい作業は必要ありません。精度も高く、楽しく加工ができますよ!

 

基本的な使い方

 

まずは文字や絵を撮影します。

Fontgenic2

 

サンプルとして紙に描いた文字を抜き出してみます。撮影の仕方は簡単で、白線の枠内におさまるように抜き出したい文字や絵を入れ、撮影ボタンを押せばいいだけです。この時、画面中心にある「○」を抜き出したい文字や絵に合わせることが重要です。この「○」が背景に合ってしまうと背景が抜き出されてしまうので注意しましょう。

 

「○」が文字や絵に合っているかは枠線右上の丸の色で確認するとわかりやすいです。「○」に合っている文字や絵の色がリアルタイムで表示され、どこを捉えているかがわかりやすくなっています。枠線右下の矢印をドラッグすれば枠線の大きさを変更することも可能です。

 

 

撮影ボタンを押せば文字や絵が抽出されます。

Fontgenic3

 

文字や絵を抜き出したら、後はそのまま撮影や加工をするか、抽出した文字を編集すればいいだけです。抽出した文字や絵を編集する必要がない場合はそのまま抜き出した文字を被写体と重ねて写真撮影(画像保存ボタン)ができますよ!カメラはイン/アウトに切り替えることも可能です。

 

ノイズ除去機能

 

ノイズを除去することもできます。

Fontgenic4

 

ノイズ除去機能を使うとスライダーバーを動かすだけでノイズの除去を自動で行ってくれます。この機能を使う時は抜き出したい文字や絵以外の背景なども一緒に抽出されてしまった場合です。完璧に抜き出せた場合は使う必要の無い機能です。

 

消しゴム機能

 

消しゴム機能も使えます。

Fontgenic5

 

消しゴム機能を使うと手動で消したい部分を消すことができます。消しゴムの大きさは3種類で、一番小さいサイズでも割と大きく感じてしまいますが、抜き出した文字や絵はピンチアウト/インで拡大/縮小もできる(消しゴムモード時は不可)ので、抜き出した文字を大きくしてから消しゴムで消すと綺麗にいくかもしれませんね。

 

消しゴムの形は全部四角なので細かい部分が消しづらいのが辛いです。丸い消しゴムも選べればいいんですけどね。

 

色変更機能

 

色変更もできます。

Fontgenic6

 

色変更機能を使うと抜き出した文字や絵の色を変更することができます。色を変更するとすべての範囲が選択した色に塗りつぶされます。禁止マークのボタンを押せば元の色に戻すことも可能です。課金をすれば選べる色の種類も増えますよ!

 

拡縮機能

 

拡縮機能も使えます。

Fontgenic7

 

拡縮機能では抜き出した文字や絵のサイズを変更したり移動させることができます。抜き出した文字は一本指(二本指でも可)でドラッグすると移動ができ、ピンチアウト/インで拡大/縮小が可能です。

 

画像の読み込み

 

画像の読み込みも可能です。

Fontgenic8

 

抜き出した文字や絵と被写体を重ねて写真撮影することもできますが、画像を読み込んで加工することもできます。画面右上のボタンから画像を読み込み、抜き出した文字を好きな場所に移動させてから画像保存ボタンを押せばスマホ内に保存できます。画像を保存するとロゴの透かしが右下に入ります(課金で取り除くことも可)。

 

マイコレクション

 

マイコレクション機能も使えます。

Fontgenic9

Fontgenic10

 

画面右下のボタンを押すとマイコレクションに抜き出した文字や絵を保存しておくことができます。マイコレクションに保存しておけば使いたい時にいつでも読み込むことが可能になります。無料では3つまで保存することができ、それ以上保存したい場合は課金をすることで保存可能数を増やすことができます。

 

マイコレクション画面の右上にある「…」ボタンからは削除も行えます。

 

サンプル

 

いろんなものを抽出できます。

Fontgenic11

△某100円ショップのキャラクター(目隠し加工してます)

 

手書きの文字や絵を抜き出して使えるのはもちろん、ビニール袋に描かれているイラストやポスターの文字なども簡単に抽出できます。抽出精度も高く、付いている色もきちんと抜き出してくれるのが驚きです。いろんな文字や絵をカメラで撮影して抜き出せるか試してみましょう!

 

まとめ

 

『Fontgenic』の使い方でした。

カメラで文字や絵を撮影するだけで簡単に抜き出すことができました。抽出精度も高く、背景が白くなっていればほぼ修正することなく利用できるのも嬉しいです。抜き出した文字や絵を重ねて写真撮影ができたり、写真に加工できたりするのも楽しいですよ!スタンプ感覚で合成できちゃいます!

Fontgenic - おしゃれで映える写真を簡単に作ろう!

Fontgenic – おしゃれで映える写真を簡単に作ろう!
開発元:FUJIFILM Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク